クレジットカードの達人 >> アメリカンエキスプレスカード >> アメックス・スカイトラベラープレミアの特徴とおすすめポイント

アメックス・スカイトラベラープレミアの特徴とおすすめポイント

更新年月日:2017年05月10日

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
AMEX

JALとANAを含む27社の航空会社と2社の旅行代理店から購入した航空券や商品はポイント5倍ボーナス。貯めたポイントは15社の航空会社のマイルと交換可能で、カード利用100円につき5マイルが貯まる、業界トップのマイル積算率。通常の利用でも100円で1マイルが貯められるので陸マイラー・空マイラー両方におすすめしたい

公式サイト
年会費(税別) 35,000円 マイル付与 100円→最大5マイル 海外旅行 最高5,000万円
発行期間 1週間 マイレージ ANA含む15社 国内旅行 最高5,000万円
利用可能枠 個別に設定 空港ラウンジ 国内主要空港 ショッピング 最高500万円

アメックス・スカイトラベラープレミアの特徴とおすすめポイント

アメックス・スカイトラベラープレミアへの入会を検討すべき人の特徴

  • カードショッピングでたくさんマイルを貯めて特典航空券に交換したい人
  • アメックスの本家プロパーカードをメインカードにしてマイルを貯めている人
  • JALマイル、ANAマイル以外のマイルを貯めている人
  • 会社の出張で航空券の費用を立替払いしているビジネスマン
  • 1年に50万円以上、航空券を購入する機会のある人

このうちひとつでも当てはまるなら、スカイトラベラープレミアの特徴とおすすめポイントをチェックしてもらいたい。

アメックスの本家プロパーカードとは、アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード、アメリカン・エキスプレス・プラチナカードのこと。

ボーナスポイント5倍。航空券購入で100円につき5マイル分のポイントが貯まる

スカイトラベラーカード最大のメリットは、アメックスが提携している27の航空会社の航空券、および2つの旅行会社の旅行商品を購入した分は通常の5倍のポイントが貯まること。

貯めたポイントは提携航空会社のマイルに交換できるので、レート換算すると100円で5マイルが貯まることになる。100円で5マイルが貯まるカードは他にはない、マイル付与率においてトップに君臨するカード

年会費は35,000円で高額だが、年間でそれなりの金額の航空券を購入するなら必須のクレジットカードだ

アメックスはボーナスポイント5倍のスカイトラベラープレミアの他に、年会費10,000円でボーナスポイント3倍のスカイトラベラーカードも発行している。両者のスペックの比較はこのページ後半の年会費10,000円スカイトラベラーとの違い・スペック比較を参照。

ボーナスポイント対象の航空会社27社・旅行会社2社

5倍ボーナスポイントの対象になる航空会社と旅行代理店は次の通り。

ヴァージンアトランティック航空を除く26社は日本発着便を就航している。

ワンワールド加盟航空会社(5社)
JAL日本航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、フィンランド航空、ブリティッシュエアウェイズ
スターアライアンス加盟航空会社(9社)
ANA全日空、アシアナ航空、オーストリア航空、エバー航空、スイスインターナショナル、スカンジナビア航空、タイ国際航空、シンガポール航空、ルフトハンザドイツ航空
スカイチーム加盟航空会社(7社)
アリタリアイタリア航空、エールフランス航空、ガルーダ・インドネシア航空、大韓航空、チャイナエアライン、KLMオランダ航空、デルタ航空
その他航空会社(6社)
ヴァージンアトランティック航空、エアタヒチヌイ、エティハド航空、エミレーツ航空、スターフライヤー、フィリピン航空
旅行代理店(2社)
日本旅行アップルワールド

これまで日本国内で発行されてきたエアライン系のクレジットカードはJALとANA、一部の米国系航空会社の利用者だけが優遇されるものがほとんどだった。スカイトラベラーは、主要な外資系エアラインの利用においてポイント優遇される日本ではじめてのカード。世界をまたにかけるビジネスマンやトラベラーにとって待望の1枚と言える。

貯めたポイントは15の提携航空会社のマイルへ移行できる

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

画像引用元:提携航空パートナー・ホテルのポイント・プログラムへの移行について(2017年5月10日取得)

貯めたポイントはアメックスが提携している15の航空会社のマイルへ移行できる。ポイントは有効期限がないので好きなタイミングで移行できるのも魅力。

15の提携マイルは次の通り。顔ぶれはアメリカン・エキスプレスカードから移行できるマイルと全く同じ。

ワンワールド加盟航空会社のマイル(4)
キャセイパシフィック航空:アジア・マイル、ブリティッシュエアウェイズ:エグゼクティブクラブ、フィンランド航空:フィンエアー・プラス、カタール航空:プリビレッジクラブ
スターアライアンス加盟航空会社のマイル(4)
ANA :ANAマイレージクラブ、タイ国際航空 :ロイヤルオーキッドプラス、シンガポール航空:クリスフライヤー、スカンジナビア航空 :SASユーロボーナス
スカイチーム加盟航空会社のマイル(4)
チャイナエアライン:ダイナスティフライヤープログラム、デルタ航空:スカイマイル、アリタリアイタリア航空:クラブ・ミッレミリア、エールフランス/KLM航空:フライングブルー
その他の航空会社のマイル(3)
ヴァージンアトランティック航空:フライングクラブ、エティハド航空:エティハド・ゲスト、エミレーツ航空:エミレーツ・スカイワーズ

JAL日本航空は3倍ボーナスポイントの対象だが、JALマイレージバンクは提携マイルではなくマイル移行はできない

貯めたポイントは1,000ポイント単位での移行が可能。移行ポイントの上限は、ANAマイレージクラブのみ年間(1月~12月)80,000マイル、その他のマイルに制限はない。また、ANAマイレージクラブへのポイント移行は、別途参加登録費として年間5,000円(税別)が必要。

ゴールドカード並のスペック マイル以外の特典内容

年会費35,000円はカード業界ではプラチナカードクラスの料金設定。しかし、マイル以外の特典内容は他社のゴールドカードクラスのスペックが搭載されている。

マイル関連の特典に特化したカードでボーナスポイント5倍は破格であるため、その他のスペックは控えめだ。つまり、ボーナスポイント5倍以外のスペックについては、年会費に見合った内容を期待するべきではない

とはいえゴールドカードとしての役割もしっかり果たしてくれるカードと捉えることで活用できる機能は多い。

海外旅行保険においてはアメックスのグリーンカードとほぼ同等の補償内容。渡航前に航空券やツアー商品をスカイトラベラープレミアで決済すれば以下の補償項目が出発から最長90日以内の範囲で適用される。一般的に最も重視される傷害・疾病治療費は最大100円まで補償される。これは風邪や頭痛といった軽い症状の病気における通院であれば医療費の全額がカバーできる金額だ。

  • 死亡・後遺障害保険金:最高5,000万円
  • 傷害・疾病治療費:最高100万円
  • 救援者費用:最高200万円
  • 個人賠償費用:最高3,000万円
  • 携行品損害:最高30万円

このほかには、国内旅行保険、カードで購入した商品の破損による損害が補償されるショッピング保険、カードが購入した商品を返品する際購入した店舗が受付けてくれなかった場合に全額払い戻ししてくれるリターン・プロテクション、フライトが欠航・遅延した時に見舞金が支給される航空遅延費用補償などさまざまな保険が付帯している。

空港サービスにおいては、国内主要28空港とハワイホノルル国際空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)、仁川国際空港のラウンジへ無料でアクセスできる空港ラウンジサービス、海外渡航の際に自宅から空港まで、帰国時に空港から自宅までスーツケース一個を無料で配送できる手荷物無料宅配サービスなど、一般的なゴールドカード特典が付帯している。

入会審査の難易度

インターネットからの申込におけるスカイトラベラーの審査通過率は30%弱。申し込んだの人の10人中7人が審査に落ちている。これは、日本国内で発行しているクレジットカードの平均よりもやや厳しい確率であり、「アメックスは審査に甘い」という噂を否定する数値といえる。(とはいえ、ものすごく厳しい部類でもない)。

また、初級カードの位置づけの年会費10,000円のスカイトラベラーカードと比べても審査通過率に差はない。一般的に年会費が高額になるにつれて審査難易度は上がる傾向があるが、スカイトラベラーに限ってはそのような傾向はなさそうだ。

アメックスが発行するクレジットカードは、預貯金や所有している他社カードの種類を確認するなど、他社とは一線を画す審査方法で有名。そのため、他社カードの審査に通過してもアメックスだけ落ちる人、逆にアメックスだけは審査に通り続ける人もいる。

はじめてアメックスを持つ人にとっては、審査結果が最も予測しにくいカードのひとつだ。逆にアメックスを既に持っている場合は、利用状況によっては審査が有利に進むこともある。申込ページにアメックス発行カードの会員番号の入力欄があるので忘れずに登録しておこう。

入会キャンペーン&ファーストフライト・継続ボーナスポイント

スカイトラベラープレミアに入会すると、もれなく5,000ポイント(5,000マイル相当)プレゼント。

毎年カード年会費を支払う度に継続ボーナスとして5,000ポイント(5,000マイル相当)をプレゼント。

入会1年以内に対象の27の航空会社から航空券、もしくは2つの旅行会社から商品を購入すると初回に限り10,000ポイント(10,000マイル相当)をプレゼント(ファーストトラベルボーナスポイント)。購入金額に条件はない。

さらに新規入会特典として、入会後3か月以内に70万円以上のカード利用で10,000ポイントをプレゼント。

入会を検討しているなら、これらの特典を念頭に計画を立てよう。

利用上の注意点

1 パッケージツアーや機内販売はボーナスポイント対象外

ボーナスポイントの対象となる商品は、アメックスが定めた航空券やツアー商品に限られる。

対象航空会社27社の航空券を円建てで対象航空会社のウェブサイトなどから直接カードで購入された場合、または、対象旅行代理店2社の指定旅行商品を円建てで対象旅行代理店のウェブサイトや指定店舗などから直接カードで購入された場合となります。

引用元:アメックス公式サイト-スカイ・トラベラー 5倍ボーナスおよびファーストトラベル・ボーナスポイントの対象商品・諸条件

つまり、航空会社の公式サイトなどから円決済でカード購入した場合、旅行代理店の公式サイトおよび店舗で円決済でカード購入した場合のみがボーナスポイントの対象になる。

さらに、次のようなケースもボーナスポイントの対象外。

※以下のものは本特典の対象となりません。
航空会社におけるパッケージツアー、機内販売、通信販売、空港売店、貨物など航空券以外のご利用
空港カウンター業務が他の航空会社へ委託されているカウンターでの航空券のご購入
宿泊料金の現地決済、および代理業・特約店など、旅行代理店が決済業務を他社へ委託している場合
ペイパルなどの決済代行会社を通したご利用

引用元:アメックス公式サイト-スカイ・トラベラー 5倍ボーナスおよびファーストトラベル・ボーナスポイントの対象商品・諸条件

航空会社が販売しているパッケージツアーも対象外。パッケージツアーとは、JALならJALダイナミックパッケージANAならダイナミックパッケージ「旅作」といった航空券の他にホテルやオプショナルツアー料金もセット販売している商品は原則ボーナスポイントの対象外となる

アメックスは購入した商品がボーナスポイントの対象なのか対象外なのかは利用明細の加盟店情報で判断している。パッケージツアーだと識別できる内容であればアウトとなる。

また、ボーナスポイントの対象にならない航空会社を利用する際もコードシェア便であればボーナスポイントの対象になる

コードシェア便とは共同運航便とも呼ばれていて、一つの便の航空券を複数の航空会社で販売している便のこと。

たとえば、成田からスリランカのコロンボにはスリランカ航空が運行するUL455便が就航している。通常であればスリランカ航空が運行しているので航空券も同社が販売するものである。しかし、この便はJALとのコードシェア便に指定されているため、JALも航空券を販売している。つまり、JALの公式サイトやコールセンターでも購入ができるチケットなのだ。その場合においては、たとえスリランカ航空の航空券でもボーナスポイント3倍の対象になる。このように、たとえボーナスポイントの対象ではない航空券でも対象27社の航空会社や旅行代理店を経由して購入すればボーナスポイントの対象となる

2 ボーナスポイントの上限は年間100,000ポイント=200万円分

3倍のボーナスポイントは、通常利用で貯まったポイントと合わせて年間(1月~12月)100,000ポイント(200万円分のカード利用での獲得分)が上限。家族カードで利用した分も合算される。

100,000ポイントの上限を超えた場合はボーナスポイントの対象商品を購入しても100円で1ポイントしか貯まらない。累積獲得ポイントは毎年1月1月にリセットされる。

200万円は欧米のファーストクラス往復チケット1枚で超えてしまう金額、高額利用者は注意。

3 2枚のアメックスから同じ航空会社にポイント移行できない

アメックスが発行している次の7枚のプロパーカードを持っているなら要注意。

同じ年(1月~12月)に、スカイトラベラープレミアとアメックスが発行するプロパーカードそれぞれで貯めたポイントを同一の航空会社のマイルへ移行はできない。たとえば、すでにアメックスプロパーカードのポイントをANAマイルに移行済みならば、スカイトラベラープレミアのポイントはANAマイルに移行できないことになる。

つまり2枚のカードで一つのマイルを貯めることができない。もしもひとつの航空会社のマイルを貯めたければ年(1月~12月)を分けて移行するなど工夫が必要になる。

年会費10,000円スカイトラベラーカードとの違い・スペック比較

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメックスはスカイトラベラーの初級カードという位置づけで、年会費10,000円で青い券面のスカイトラベラーカードを発行している。

両者の違いは年会費の他に3点で、1つ目は、ボーナスポイントが3倍なこと。2つ目は入会時やカード更新時のキャンペーンで獲得できるボーナスポイントの違い、3つ目は付帯保険の補償内容と空港関連の特典の有無。電子マネーやApple Payの対応状況やボーナスポイント対象となる航空会社や旅行会社、貯めたポイントを移行できる提携マイルはまったく同じだ。

たとえば、年に1回しか国内旅行をしないなど、航空券の購入金額が少ない人であれば年会費の安いスカイトラベラーカードの方がコスパが高いのは明らかだ。年会費とボーナスポイントの倍率、キャンペーンの3つの項目を考慮して検討すべき

スカイトラベラーとプレミアカードのスペック比較
カード名 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
スカイトラベラー
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
トラベラープレミア
国際ブランド AMEX
年会費(税別) 本人 10,000円 35,000円
家族 5,000円 17,500円
電子マネー QUICPayに対応
Apple Pay QUICPayに対応
ポイント 名称 スカイトラベラーメンバーシップリワード
有効期限 なし
ボーナスポイント
対象航空会社
同じ(27社)
JAL日本航空、ANA全日空、アシアナ航空、アリタリアイタリア航空、ヴァージンアトランティック航空、エアタヒチヌイ、エールフランス航空、エティハド航空、エバー航空、エミレーツ航空、オーストリア航空、ガルーダ・インドネシア航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイスインターナショナル、スカンジナビア航空、スターフライヤー、タイ国際航空、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、フィリピン航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフルトハンザドイツ航空
ボーナスポイント
対象旅行代理店
同じ(2社)
日本旅行、アップルワールド
ボーナスポイント倍率 3倍 5倍
ボーナスポイント
対象限度額/年間
同じ
200万円
ボーナスキャンペーン 入会ボーナス 3,000ポイント 5,000ポイント
利用ボーナス 入会後3か月以内に40万円の利用
7,000ポイント
入会後3か月以内に70万円の利用
10,000ポイント
ファーストトラベルボーナス 5,000ポイント 10,000ポイント
継続ボーナス 1,000ポイント 5,000ポイント
マイル移行 移行可能マイル 同じ(15社)
ANA :ANAマイレージクラブ、チャイナエアライン:ダイナスティフライヤープログラム、デルタ航空:スカイマイル、ヴァージンアトランティック航空:フライングクラブ、タイ国際航空 :ロイヤルオーキッドプラス、キャセイパシフィック航空:アジア・マイル、シンガポール航空:クリスフライヤー、ブリティッシュエアウェイズ:エグゼクティブクラブ、スカンジナビア航空 :SASユーロボーナス、アリタリアイタリア航空:クラブ・ミッレミリア、フィンランド航空:フィンエアー・プラス、エティハド航空:エティハド・ゲスト、エミレーツ航空:エミレーツ・スカイワーズ、カタール航空:プリビレッジクラブ、エールフランス/KLM航空:フライングブルー
マイル移行手数料(税別) 同じ(15社)
ANA:5,000円
その他:無料
移行レート 同じ(15社)
1ポイント→1マイル
海外旅行保険 付帯条件 利用付帯 利用付帯
死亡・後遺障害 最高3,000万円 最高5,000万円
傷害・疾病治療費 最高100万円 最高100万円
救援者費用 最高200万円 最高200万円
賠償費用 最高3,000万円 最高3,000万円
携行品損害 最高30万円 最高30万円
国内旅行保険 付帯条件 利用付帯 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高5,000万円
その他保険 ショッピング保険 最高200万円 最高500万円
オンライン
プロテクション
リターン
プロテクション
キャンセル
プロテクション
その他 国際線
手荷物宅配
空港コート
預かり

本家アメックスよりもマイルが貯まる アメックスが発行するおもなクレジットカードのスペック比較

2017年4月に本家アメリカン・エキスプレスカードアメリカン・エキスプレスゴールドカードのマイル移行レートが改悪されたことをうけ、本家アメックス離れが加速、スカイトラベラーSPGアメックスに乗り換えるマイラーが増えている。

次の比較表の通り、本家アメックスは100円のカード利用につき0.8マイルのレートでマイルが貯まる(ANAのみ100円=1マイル)。対するスカイトラベラーの交換レートは、通常の利用で100円のカード利用につき1マイル、ボーナスポイント対象の航空券やツアー商品の購入で100円のカード利用につき3マイルとなり、通常の利用においても本家アメックスよりもマイルがたくさん貯まる

年会費においては、本家アメックスグリーン12,000円、ゴールドは29,000円に対して、スカイトラベラープレミアは35,000円と高額になる。マイルを貯めることが目的であればスカイトラベラープレミアの方が優れていることは明らかだが、年会費の差額を許容できるかは各自の判断に委ねられる。スカイトラベラーにおいては、年会費とマイル付与において本家アメックスよりも優れているので、航空券の購入金額によっては第一候補になりうる。

SPGアメックスのマイル交換レートは100円のカードにつき1.25マイル。一般加盟店におけるカード利用ではスカイトラベラープレミアを上回る高レート。一般加盟店のマイル獲得を重視してSPGアメックスにするか、航空券マイルを重視してスカイトラベラープレミアにするか、それともまた管理人のようにSPGアメックスとスカイトラベラープレミアの2枚持ちにするか、貯めたいマイル、交換レート、年会費を考慮してベストなカードを選ぶべき。

アメックス発行のおもなクレジットカード比較
カード名 アメリカン・エキスプレス・カード
グリーン
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ゴールド
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
スカイトラベラー
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
トラベラープレミア
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
SPG
おすすめ
タイプ
ステータス/機能性 ステータス重視 ステータス重視 機能性
重視
機能性
重視
機能性
重視
国際ブランド AMEX AMEX AMEX AMEX AMEX
年会費 本人 12,000円※1 29,000円※1 10,000円 35,000円 31,000円
家族 6,000円 12,000円
1名無料
5,000円 17,500円 15,500円
ETCカード 無料※2 無料※2 無料※2 無料※2 無料※2
最大利用枠 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開
電子マネー QUICPay QUICPay QUICPay QUICPay QUICPay
Apple Pay QUICPay QUICPay QUICPay QUICPay QUICPay
ポイント 名称 メンバーシップ
リワード
メンバーシップ
リワード
スカイトラベラー
メンバーシップ
リワード
スカイトラベラー
メンバーシップ
リワード
スターポイント
有効期限 なし なし なし なし なし
航空券購入 1倍 1倍 3倍 5倍 1倍
SPGホテル宿泊 1倍 1倍 1倍 1倍 4倍※3
主な用途 マイル交換
キャッシュバック
マイル交換
キャッシュバック
マイル交換 マイル交換 マイル交換
ホテル無料宿泊
マイル移行 対応マイル数 15 15 15 15 30以上
JALマイル × × × × 1.25マイル
ANAマイル 1マイル 1マイル 1マイル 1マイル 1.25マイル
その他 0.8マイル 0.8マイル 1マイル 1マイル 1.25マイル
保険 海外 利用付帯 自動付帯 利用付帯 利用付帯 自動付帯
国内 利用付帯 利用付帯 利用付帯 利用付帯 利用付帯
ショッピング
オンライン
プロテクション
リターン
プロテクション
キャンセル
プロテクション
×
ラウンジ 国内
海外 仁川・ホノルル 仁川・ホノルル 仁川・ホノルル 仁川・ホノルル 仁川・ホノルル
プライオリティパス × × ×
その他 SPGホテル特典 × × × ×
国際線
手荷物宅配
空港コート
預かり
コンシェルジュ
デスク
× × × × ×
プラチナカードへの
アップグレード
× × ×

※1:ポイント積算率をアップするために、年会費の他にメンバーシップ・リワード・プラス参加登録費:3,000円(税別)の支払いが必要
※2:ETCカードを1枚発行する毎に発行手数料として850円(税別)がかかる
※3:100円=1スターポイントに加えて、SPGゴールド会員資格により対象となる支払1ドルにつき3スターポイントを加算

お申込みはこちら

カードのスペック情報

2017年03月06日現在

基本機能

入会資格 公式サイト参照
年会費
(本人)
初年度 35,000円(税別)
次年度以降 35,000円(税別)
年会費
(家族会員)
初年度 17,500円(税別)
次年度以降 17,500円(税別)
ETC ETC発行手数料 850円(税別)
ETC年会費 無料
国際ブランド AMEX
電子マネー QUICPay
最短発行期間 1週間
利用可能枠 総利用枠 個別に設定
ショッピング 個別に設定
キャッシング なし
2012年6月30日をもってキャッシングサービス終了
支払い方法 一括払い 二回払い 分割払い ボーナス一括払い リボルビング払い
〆日/支払日 毎月10日、21日、26日のいずれか
金利手数料
(年率)
分割払い 14.9%
リボ払い 14.9%
キャッシング
(遅延損害金)
-

ポイント・キャッシュバック

プログラム名 メンバーシップ・リワード
有効期限 有効期限なし
付与レート 100円→1ポイント
主なボーナスポイント 【以下の航空会社・旅行代理店のサイトから航空券を購入した場合、ポイント5倍】
スターアライアンス
アシアナ航空、ANA、エバー航空、オーストリア航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、ルフトハンザ ドイツ航空
ワンワールド
カンタス航空、キャセイパシフィック航空、日本航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ
スカイチーム
アリタリア-イタリア航空、エールフランス、ガルーダ・インドネシア航空、KLMオランダ航空、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空
所属なし
ヴァージンアトランティック航空、エア タヒチ ヌイ、エティハド航空、エミレーツ航空、スターフライヤー、フィリピン航空
旅行代理店
日本旅行、アップルワールド、トップツアー
【ボーナスポイント】
入会ボーナス
カード入会時に5,000ポイントが貯まる
入会フライトボーナス
カード入会後1年以内に対象の航空会社26社のうち1社の航空券を航空会社から購入すると、初回のみ10,000ポイント貯まる
提携店で最大でポイント10倍
ボーナスポイントパートナーズの提携店でカード利用すると最大で通常の10倍のポイントが加算される
還元率 0.33%
キャッシュバック・
電子マネー
換金レート
提携しているホテルや海外航空券の支払い時にポイントで支払い可(ポイントフリーダム)
1ポイント=1円
1,000ポイント以上、5ポイント単位

マイレージ

移行可能航空会社
(アライアンス)
スターアライアンス
ANA、シンガポール航空、タイ国際航空、スカンジナビア航空
ワンワールド
キャセイパシフィック航空、ブリティッシュエアウェイズ、フィンエアー、カタール航空
スカイチーム
デルタ航空、エールフランス、KLMオランダ航空、アリタリア航空、チャイナエアライン
所属なし
ヴァージンアトランティック航空、エティハド航空、エミレーツ航空
移行手数料
  • ANA:5,000円(税別)/年
  • その他航空会社:無料
最低移行単位 1,000ポイント以上/1,000ポイント単位
移行レート 1ポイント→1マイル

付帯保険

海外旅行保険
(会員)
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害治療 最高100万円
疾病治療 最高100万円
救援者費用 最高200万円
賠償費用 最高3,000万円
携行品損害 1旅行につき最高30万円
海外旅行保険
(家族特約)
付帯条件 利用付帯
対象者
  • 本人もしくは家族会員(以降、カード会員)の配偶者
  • カード会員と生計を共にする両親、子供などの親族
  • 生計を共にするとは、健康保険証を共有するか、税法上の扶養関係にあたる場合を指す
  • 親族とは6親等以内の血族、または3親等以内の姻族を指す
死亡・後遺障害 最高1,000万円
傷害治療 最高100万円
疾病治療 最高100万円
救援者費用 最高3,000万円
賠償費用 1旅行につき最高30万円
携行品損害 最高200万円
国内旅行保険
(会員)
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院費用
手術費用
通院費用
国内旅行保険
(家族特約)
付帯条件 利用付帯
対象者
  • 本人もしくは家族会員(以降、カード会員)の配偶者
  • カード会員と生計を共にする両親、子供などの親族
  • 生計を共にするとは、健康保険証を共有するか、税法上の扶養関係にあたる場合を指す
  • 親族とは6親等以内の血族、または3親等以内の姻族を指す
死亡・後遺障害 最高1,000万円
入院費用
手術費用
通院費用
ショッピング保険 補償金額 最高500万円/年間
保険補償期間 90日間
自己負担額 10,000円/回
その他保険
オンライン・プロテクション
インターネット上の不正使用による損害を全額補償。
リターン・プロテクション
カードで購入した商品を返品する際、購入店が受けつけなかった場合に購入から90日以内の場合に限り、一定の条件を満たせば全額払い戻し可能。
航空便遅延費用補償
乗継遅延費用:最高2万円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用:最高2万円
受託手荷物遅延:最高2万円
受託手荷物紛失:最高4万円

サービス

空港ラウンジ対応状況 国内28箇所、海外2箇所
その他サービス・特典
手荷物無料宅配サービス
海外渡航する際に、出発時に自宅→空港まで、帰国時に空港→自宅まで手荷物1個を無料で配送できます
空港パーキング
渡航中に車を空港周辺の駐車場で低価格で保管できます。(成田、羽田、関空、福岡限定)
旅行先での日本語サポート
旅行先でレストランの予約から医療機関の紹介など、24時間通話料無料で専用窓口に問い合わせができます。
海外用携帯のレンタル
出発前に空港で海外用携帯をレンタルできます。(成田、関空、中部限定)
お申込みはこちら
キャンペーン情報
内容 クレ達からの入会&カード利用で最大15,000ポイントプレゼント!
期間 ~2017/05/31
公式サイト

最新!クレ達一押しクレジットカード

圧倒的な知名度
定番のVISAカード

三井住友VISAクラシックカード

三井住友クラシックカード

国内で断トツのシェアを誇る三井住友カード。電子マネーiDが付いて、機能性抜群。ポイントの交換先も豊富。今なら新規入会で最大9,500円分プレゼント!

詳細

公式サイトへ

今すぐ作れる最速カード
最短30分のスピード審査

ACマスターカード

ACマスターカード

申込から最短30分で審査結果がわかる&当日から利用できる、超即日発行カード。審査が不安な人は3秒診断がおすすめ。

詳細

公式サイトへ

知名度・機能性抜群の
若者向け高還元カード

三井住友VISAカード デビュープラス

三井住友デビュープラス

25歳以下限定の人気カード。いつでもポイント2倍(1.0%還元)、入会後3カ月はポイント5倍(2.5%還元)!電子マネーiDが付いて機能性抜群。今なら新規入会で最大9,500円分プレゼント!

詳細

公式サイトへ

名高いステータス性
ゴールドクラスの特典

アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスカード

ステータス性の高いアメックスカード。旅行傷害保険や空港ラウンジなど、旅行関係の特典豊富!新規入会で初年度年会費が無料!

詳細

公式サイトへ

誕生月にポイント5倍
絶対得する無料カード

ライフカード

ライフカード

誕生月は1か月間ポイント5倍(最大3.0%還元)!さらに、年間利用額に応じてポイントアップ。無料でポイント量産可能な人気のカード。今なら新規入会で最大7,000円相当のポイントプレゼント!

詳細

公式サイトへ

ネットショッピングで
効率よくキャッシュバック

VIASOカード

VIASOカード

ネットショッピングにはこの1枚!VIASOeショップを経由して買物すると効率的にポイントが貯まり自動でキャッシュバック!今なら新規入会&カード利用で最大10,000円分のポイントプレゼント!

詳細

公式サイトへ

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!