クレジットカードの達人 >> マイレージカード >> ANA >> ANAカードの付帯保険のスペックとおすすめカードを紹介

ANAカードの付帯保険のスペックとおすすめカードを紹介

更新年月日:2015年10月05日

ANAカードの付帯保険のスペックとおすすめカードを紹介

ANAカードには主に海外・国内旅行保険とショッピング保険の3つの保険が付帯されている。補償金額はカードによって異なり、最大1億円まで補償してくれるものまである。基本的にはカードの年会費が高いほど補償金額や補償内容が豪華になっている。ANAカードに付帯している保険の解説と、保険で選んだおすすめANAカードについて紹介しよう。

ANAカード付帯の保険スペック比較

まずはANAカードの付帯保険を一覧にまとめてみたので確認してほしい。この表の中で気になる点をピックアップしていこう。

ANAカード付帯保険の比較(年会費2万円以下)
クレ達の評価 ×
カード名 一般カード
ソラチカ
ANASuicaANAカード(一般) VISA/Master
お申込みはこちら
一般
アメックス
カード
ANAアメリカン・エキスプレスカード

お申込みはこちら
一般
ワイド
カード
ANA ワイドカード JCB

お申込みはこちら
ワイド
ゴールド
カード
ANA ワイドゴールドカード JCB

お申込みはこちら
ワイド
ゴールド
カード
ANA ワイドゴールドカード VISA/Master

お申込みはこちら
国際ブランド JCB
VISA
マスターカード
AMEX JCB
VISA
マスターカード
JCB VISA
マスターカード
年会費(税別) 2,000円 7,000円 7,250円 14,000円 14,000円
海外旅行保険
(最高額)
付帯条件 自動 利用 自動 自動
(一部カード
利用により
増減)
自動
死亡
後遺障害
1,000万円 3,000万円 5,000万円 1億円
(自動:5,000万円)
(利用:5,000万円)
5,000万円
傷害 × 100万円 150万円 300万円 150万円
疾病 × 100万円 150万円 300万円 150万円
救援 100万円 200万円 100万円 400万円 100万円
賠償 × 3,000万円 2,000万円 1億円 3,000万円
携行品 × 30万円 50万円 50万円 50万円
海外旅行保険
(家族特約)
(最高額)
付帯条件 × 利用 × 自動 自動
死亡
後遺障害
× 1,000万円 × 1,000万円 1,000万円
傷害 × 100万円 × 200万円 50万円
疾病 × 100万円 × 200万円 50万円
救援 × 200万円 × 200万円 50万円
賠償 × 3,000万円 × 2,000万円 1,000万円
携行品 × 30万円 × 50万円 15万円
国内航空損害保険
(最高額)
付帯条件 自動 国内旅行保険
に含まれる
自動 自動 自動
死亡
後遺障害
1,000万円 - 5,000万円 5,000万円 5,000万円
入院 × - 1万円 1万円 1万円
手術 × - 10万円 40万円 40万円
通院 × - 2,000円 2,000円 2,000円
国内旅行保険
(最高額)
付帯条件 × 利用 × 自動 自動
死亡
後遺障害
× 2,000万円 × 5,000万円 5,000万円
入院 × × × 5,000円 5,000円
手術 × × × 20万円 20万円
通院 × × × 2,000円 2,000円
国内旅行保険
(家族特約)
(最高額)
付帯条件 × 利用 × × ×
死亡
後遺障害
× 1,000万円 × × ×
入院 × × × × ×
手術 × × × × ×
通院 × × × × ×
ショッピング保険
(最高額)
補償金額 海外利用時
のみ
100万円
200万円 海外利用時
のみ
100万円
500万円 300万円
補償期間 90日間 90日間 90日間 90日間 90日間
自己負担額 1万円 1万円 1万円 3,000円 3,000円
その他保険 - キャンセル
プロテクション
- 航空機遅延保険
(国内+海外)
航空機遅延保険
(国内のみ)
- オンライン
プロテクション
- - -
- リターン
プロテクション
- - -
ANAカード付帯保険の比較(年会費2万円以上)
クレ達の評価
カード名 ダイナース
カード
ANAダイナースカード

お申込みはこちら
ゴールド
アメックス
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

お申込みはこちら
VISA
プレミアム
ANA VISAプラチナ プレミアムカード

お申込みはこちら
JCB
プレミアム
ANA JCBカード プレミアム

お申込みはこちら
国際ブランド Diners AMEX VISA JCB
年会費(税別) 27,000円 31,000円 80,000円 70,000円
海外旅行保険
(最高額)
付帯条件 自動
(一部カード利用
により増額)
自動
(一部カード利用
により増額)
自動 自動
死亡
後遺障害
1億円
(自動:5,000万円)
(利用:5,000万円)
1億円
(自動:5,000万円)
(利用:5,000万円)
1億円 1億円
傷害 300万円 300万円 500万円 1,000万円
疾病 300万円 300万円 300万円 1,000万円
救援 400万円 400万円
(自動:300万円)
(利用:100万円)
1,000万円 1,000万円
賠償 1億円 4,000万円 1億円 1億円
携行品 50万円 50万円 100万円 100万円
海外旅行保険
(家族特約)
(最高額)
付帯条件 × 自動 自動 自動
死亡
後遺障害
× 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害 × 200万円 500万円 200万円
疾病 × 200万円 500万円 200万円
救援 × 300万円 1,000万円 200万円
賠償 × 4,000万円 1億円 2,000万円
携行品 × 50万円 100万円 50万円
国内航空損害保険
(最高額)
付帯条件 国内旅行保険
に含まれる
国内旅行保険
に含まれる
自動 自動
死亡
後遺障害
- - 5,000万円 5,000万円
入院 - - 1万円 1万円
手術 - - 40万円 40万円
通院 - - 2,000円 2,000円
国内旅行保険
(最高額)
付帯条件 自動
(一部カード利用
により増額)
利用 自動 自動
死亡
後遺障害
1億円
(自動:5,000万円)
(利用:5,000万円)
5,000万円 1億円 1億円
入院 1万円 × 5,000円 5,000円
手術 40万円 × 20万円 20万円
通院 3,000円 × 2,000円 2,000円
国内旅行保険
(家族特約)
(最高額)
付帯条件 × 利用 × ×
死亡
後遺障害
× 1,000万円 × ×
入院 × × × ×
手術 × × × ×
通院 × × × ×
ショッピング保険
(最高額)
補償金額 500万円 500万円 500万円 500万円
補償期間 90日間 90日間 90日間 90日間
自己負担額 1万円 1万円 3,000円 3,000円
その他保険 - キャンセル
プロテクション
航空機遅延保険
(国内+海外)
航空機遅延保険
(国内+海外)
- オンライン
プロテクション
- -
- リターン
プロテクション
- -

同じカードでもブランドによって補償額や補償内容が異なる

例えばANAワイドゴールドカードを見ると、JCBブランドの方がVISA/MasterCardブランドよりもほとんどの項目で補償額が2倍以上になっている。保険を目当てにカードを選ぶ場合は、カードブランドまで確認してから入会しよう

一般のANAカードは死亡時のみしか補償されない

一般のANAカードにも海外・国内旅行保険は付帯している。しかし補償の対象は被保険者が死亡・後遺障害を負った場合のみだ。医療費の高い海外では、死亡・後遺障害よりも、傷害・疾病の補償金額の方が大切だ。

従って保険を重視してANAカードを選ぶなら、年会費2,000円台の一般ANAカードは選択肢から外すべきだ。

家族特約の有無

クレジットカードに付帯している保険は、カード所有者のみを補償の対象としている。しかし家族特約が付帯しているカードであれば家族も補償の対象となる

家族の定義はカードブランド毎に異なる。例えばJCB、VISA、MasterCardは生計を共にする19歳未満の親族のみが対象となる。一方、アメリカン・エキスプレスなら年齢制限がなく、配偶者や両親も補償対象となる

家族での旅行が多いなら、補償対象が広いアメリカン・エキスプレスブランドのカードを選ぼう。

航空機遅延保険の有無

航空機遅延保険とは、以下の4項目に該当する費用を補償する制度だ。

  • 乗継遅延費用
  • 出航遅延・欠航・搭乗不能費用
  • 手荷物遅延費用
  • 手荷物紛失費用

これらは主に搭乗予定の航空機の遅延や手荷物の紛失が原因で発生した飲食代、ホテル代、衣料費等を補償してくれるものだ。特に海外旅行ではロストバゲージが発生しやすいので、保険があると安心感が違うだろう。

この保険が付帯しているANAカードは、ANAワイドゴールドカードとANAプレミアムカードの2つだけだ。ちなみにANAワイドゴールドカードでもVISA/MasterCardブランドは国内での事案しか補償対象とならないので注意しよう。

保険重視で選んだおすすめANAカード3選

「種類が多すぎて、結局どれが良いのかわからない!」という方のために、クレ達が保険を重視して選んだANAカードを3枚紹介しよう。

ほとんどのユーザーはANA ワイドゴールドカード JCBで申し分ないが、「年会費を抑えたい」方はANAアメリカン・エキスプレスカードを、「最高レベルの保険がほしい」方はANAカード プレミアムをおすすめする。

補償額高額!航空機遅延保険や家族特約が嬉しいANAワイドゴールドカードJCB

ANA ワイドゴールドカード JCB ANAカードの中で最もおすすめなのがANA ワイドゴールドカード JCBだ。年会費は14,000円(税別)と手頃ながら、傷害・疾病の補償額は最高300万円、海外旅行保険は19歳未満の家族も補償対象、更には航空機遅延保険付帯と、スペックが高い。

ちなみにANAワイドゴールドにはVISAブランドのものもあるが、「国内旅行保険の入院補償額」以外の項目は、全てJCBが同額以上にある。保険を重視するならば、必ずJCBブランドを選ぼう。

年会費1万円以下で厚い補償!家族旅行にもおすすめなANAアメックスカード

ANAアメリカン・エキスプレスカード 「保険はほしいけど、できるだけ年会費は抑えたい」場合は、ANAアメリカン・エキスプレスカードを選ぶと良いだろう。年会費7,000円(税別)ながら、一般のANAカードに比べると手厚い保険が付帯している。また、アメックスブランドなので、家族特約に年齢制限がないのも魅力だ。

このカードの保険で注意するべきは、どの項目も付帯条件が利用付帯となっている点だ。補償を受けるには、このカードを使って旅行代金の一部を払っていなければならない

また、補償金額もそこまで高くはないので、これ1枚だけでは不安だ。ただし、死亡・後遺障害以外の項目は他のクレジットカードと補償金額を合計できる。例えば傷害治療費の補償額が最大300万円のエポスカードを持っておくと、最大400万円まで補償される。

  • ANAアメックスの傷害補償額:最大100万円
  • エポスカードの傷害補償額:最大300万円
  • 2枚のカードを持っているときの傷害補償額:最大400万円

クレジットカードの保険について詳しくなっておくといざというときに安心だ。より詳しいことは下記のリンク先に掲載しているので、参照して欲しい。

補償額もプレミアム!ANAカード プレミアム

ANA JCBカード プレミアムANA ワイドゴールドカード JCBよりも更に優れた保険が欲しい」場合は、ANAカード プレミアムがおすすめだ。死亡・後遺障害の補償額は最高1億円で、傷害・疾病も最高1,000万円の補償を受けられる。家族特約もANAカードの中では最高金額を誇る。

もちろん航空機遅延保険も付帯しており、補償項目も補償金額も申し分ない内容だ。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード これだけ補償が厚いので年会費もそれなりで、ANA JCBカード プレミアムなら80,000円(税別)、ANA VISAプラチナ プレミアムカードは70,000円(税別)となっている。

海外旅行保険でもブランドで差があり、JCBブランドなら傷害・疾病補償額が高い。一方、VISA/MasterCardブランドなら家族特約の補償額が全てJCBの同等以上となっている。

この記事に関連するおすすめ情報一覧を見る

2015.10.09
ANAカードの年会費が割引になる方法を紹介
2015.10.05
年会費無料のANAカードを紹介
2015.10.05
Suicaが使えるANAカードを紹介
2015.10.05
PASMOが使えるANAカードを紹介
2015.10.05
ゴールドクラスのANAカードのスペックを徹底比較
2015.10.05
ANAカードの付帯保険のスペックとおすすめカードを紹介
2015.10.05
空港ラウンジが使えるANAカードを比較&紹介
2015.10.02
おすすめのANAカードを徹底比較
2014.02.14
ANAマイルの有効期限3年を実質無期限にする方法
2014.02.09
ANA(全日空)のマイルが貯まるおすすめのクレジットカード
お得なクレジットカードはこれだ!

おすすめ ANA ワイドゴールドカード JCB

ANA ワイドゴールドカード JCB
  • 疾病・傷害補償額は最高300万円
  • 海外旅行では19歳未満の家族も補償対象
  • 航空機遅延保険付帯

年会費14,000円(税別)のわりに手厚い保険が付帯した、コストパフォーマンスに優れたカード。ANAワイドゴールドカードにはVISA/MasterCardブランドのものもあるが、「国内旅行保険の入院補償額」以外はJCBブランドの方が優れている。

カードの詳細お申し込み

ANAアメリカン・エキスプレスカード

ANAアメリカン・エキスプレスカード
  • 年会費1万円以下
  • 生計を共にする家族までも補償対象に!
  • 空港ラウンジの利用や手荷物無料配送サービスあり

最低限の保険があれば良いという人におすすめ。最低限とは言っても、一般のANAカードに比べると天と地ほどの違いがある。特に両親や配偶者、親族までもが補償対象になる。国内主要空港ラウンジの無料利用を始め、空港で便利になるサービスが多い。

カードの詳細お申し込み

ANA JCBカード プレミアム

ANA JCBカード プレミアム
  • 補償金額は最高1億円!
  • 傷害・疾病補償額は全ANAカード中最高
  • 航空機遅延保険付帯

どの項目の補償金額も、全ANAカード中最高レベルに位置する。家族特約や航空機遅延保険も完備しており、保険だけを見てカードを選ぶなら間違いなく最も適したカードだ。

カードの詳細お申し込み

ANA JCBカード プレミアム

ANA VISAプラチナ プレミアムカード
  • 補償金額は最高1億円!
  • 家族特約の補償額は全ANAカード中最高
  • 航空機遅延保険付帯

どの項目の補償金額も、全ANAカード中最高レベルに位置する。家族特約や航空機遅延保険も完備しており、保険だけを見てカードを選ぶなら間違いなく最も適したカードだ。

カードの詳細お申し込み

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!