クレジットカードの達人 >> カード会社で探す >> シンガポール航空提携カードを徹底解説!

シンガポール航空提携カードを徹底解説

更新年月日:2012年09月22日

クリスフライヤーとは何か?

クリスフライヤーとは、シンガポール航空が運用するマイレージサービスのこと。アジア屈指の航空会社、シンガポール航空は日本人にも知名度の高い航空ブランドです。

クリスフライヤーの貯まるカードとしては、日本ではJCBと三井住友カードからそれぞれ発行されています。

シンガポール航空の概要

アジア屈指の規模を誇るシンガポールの国営航空会社、シンガポール航空はシンガポール・チャンギ国際空港をハブ空港にアジアを中心に世界に就航している国際航空です。日本では成田、羽田、中部国際、関西国際、福岡とシンガポール間を就航しているほか、成田・ロサンゼルス便もあります。

また、サービスレベルの高さは目を見張るものがあると評判で、日本人からの人気も高いです。

クリスフライヤーの概要

アライアンス(航空連合)は、世界最大のスターアライアンスに所属しているため、貯めたマイルを同じくスターアライアンスに加盟する全日空(ANA)の特典航空券と交換できます。

貯めたマイルの有効期限は3年間。JAL、ANAの2年間よりも1年長くマイルが貯めやすいと評判。さらに貯めたマイルは家族・友人への譲渡が可能(但し、5名まで)!JAL、ANAでは家族間の譲渡しかできませんが、クリスフライヤーなら友達と一緒に旅行に行く時もマイレージ交換ができます。

クリスフライヤー提携カード

クリスフライヤーが貯まるクレジットカードは、JCBと三井住友カードから提携カードといて発行されています。グレードはそれぞれ一般カードとゴールドカードの2種類、計4券種となります。どのカードが一番お得なのか?4券種の特徴と違いについて紹介します。

入会ボーナスに違いあり

カード利用時に獲得できるショッピングマイルは何れも100円につき1マイルと同じ。入会時のボーナスマイルは、一般カードはJCB・VISA何れも2,000マイル、ゴールドカードはJCBは5,000マイルなのに対し、VISAブランドは2,000マイル。ゴールドカードならJCBの方がたくさんマイルがもらえます。

付帯保険はJCBが高スペック

先ず、VISAブランドの一般カードは海外・国内ともに大した補償がありません。海外旅行保険の死亡・後遺障害だけ付帯されていますが、大事な傷害・疾病治療が補償されないので実質補償なしと見做して良いでしょう。一般カードはJCBカードの方が付帯保険が充実してます。ゴールドカードは補償内容に大差はありません。

総合的にJCBブランドをおすすめ

ここまでの内容から、一般カードは年会費が同額にも関わらずスペックはJCBカードの方が圧倒的に優れています。一般カードはJCBの一択でしょう。

一方、ゴールドカードはスペック自体はJCBカードの方が優れています。VISAのメリットは、初年度の年会費がJCBよりも若干安いこと。但し、JCBは初回ボーナスがVISAよりも3,000マイルも多くもらえるため、初年度年会費以上のメリットがあることは間違いありません。ゴールドカードに関しても、クレ達的にはJCBブランドをおすすめします。

シンガポール航空 クリスフライヤーカードのスペック比較表
項目 クリスフライヤーJCBカード(一般カード)
JCB(一般)
クリスフライヤーJCBカード(ゴールドカード)
JCB(ゴールド)
クリスフライヤーVISAカード(一般カード)
VISA(一般)
クリスフライヤーVISAカード(ゴールドカード)
VISA(ゴールド)
最短発行期間 1週間
年会費 初年度 無料 10,000円 無料 7,500円
次年度以降 2,500円 15,000円 2,500円 15,000円
マイル ショッピング 100円→1マイル
入会
ボーナス
2,000マイル 5,000マイル 2,000マイル
海外旅行
傷害保険
付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高3,000万円 最高1億円 最高1,000万円 最高5,000万円
傷害治療 最高100万円 最高300万円 最高300万円
疾病治療 最高100万円 最高300万円 最高300万円
救援者費用 最高100万円 最高400万円 最高500万円
賠償費用 最高2,000万円 最高1億円 最高5,000万円
携行品損害 最高20万円 最高50万円 最高50万円
家族特約 なし あり なし あり
国内旅行
傷害保険
付帯条件 なし 自動付帯 なし 自動付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高5,000万円
入院費用 5,000円/日 5,000円/日
手術費用 2~8万円 2~20万円
通院費用 2,000円/日 2,000円/日
ショッピング
保険
補償額 最高100万円 最高300万円 最高100万円 最高300万円

クリスフライヤーJCBカード(一般カード)

クリスフライヤーJCBカード(一般カード)
JCB

シンガポール航空のマイレージが貯まるクリスフライヤーJCBカード。カード利用100円ごとに1マイル貯まる。海外旅行保険が最高3,000万円補償で、同じ年会費のVISAカードの3倍!初年度は年会費無料だ。ショッピング保険は最高100万円補償。貯めたマイルは、シンガポール航空以外にも、ANA、ルフトハンザ、ユナイテッド航空の特典航空券と交換できる。

詳細
公式サイト
年会費(税別) 2,500円
初年度無料
マイル付与 100円→1マイル 海外旅行 最高3,000万円
発行期間 公式サイト参照 マイレージ シンガポール航空 国内旅行 なし
利用可能枠 公式サイト参照 空港ラウンジ 未対応 ショッピング 最高100万円

クリスフライヤーJCBカード(ゴールドカード)

クリスフライヤーJCBカード(ゴールドカード)
JCB

シンガポール航空をよく利用する人におすすめ、クリスフライヤーJCBカードのゴールド。カード利用100円ごとに1マイル貯まる。海外旅行保険が最高1億円補償で、同じ年会費のVISAカードの2倍!国内主要空港のラウンジも無料利用できる。マイルはシンガポール航空やANAの特典航空券と交換できる。ワンランク上の渡航を満喫したい人におすすめ。

詳細
公式サイト
年会費(税別) 15,000円
初年度割引
マイル付与 100円→1マイル 海外旅行 最高1億円
発行期間 公式サイト参照 マイレージ シンガポール航空 国内旅行 最高5,000万円
利用可能枠 公式サイト参照 空港ラウンジ 国内主要空港 ショッピング 最高300万円

クリスフライヤーVISAカード(一般カード)

クリスフライヤーVISAカード(一般カード)
VISA

シンガポールへの渡航が多い人におすすめ。カード利用100円でクリスフライヤーが1マイル貯まる。シンガポール航空や、ANAなどスターアライアンスに加盟するエアラインに搭乗してもマイルが貯まる。マイルは特典航空券やアップグレード特典に交換可。初年度は年会費が無料。海外旅行保険は、最高1,000万円補償。入会ボーナスで2,000マイルもらえる。

詳細
公式サイト
年会費(税別) 2,500円
初年度無料
マイル付与 100円→1マイル 海外旅行 最高1,000万円
発行期間 最短3営業日 マイレージ シンガポール航空 国内旅行 なし
利用可能枠 10~80万円 空港ラウンジ 未対応 ショッピング 最高100万円

クリスフライヤーVISAカード(ゴールドカード)

クリスフライヤーVISAカード(ゴールドカード)
VISA

シンガポールへの渡航が多い人におすすめ。カード利用100円でクリフライヤーが1マイル貯まる。シンガポール航空やANAなど提携エアラインへの搭乗でフライトマイルも貯まる。旅行保険は最高5,000万円補償で、国内主要28空港のラウンジを無料利用できる。特典はJCB提携カードに劣るが、リボ払い登録で初年度半額など、年会費が安い。

詳細
公式サイト
年会費(税別) 15,000円
初年度半額
マイル付与 100円→1マイル 海外旅行 最高5,000万円
発行期間 最短3営業日 マイレージ シンガポール航空 国内旅行 最高5,000万円
利用可能枠 70~200万円 空港ラウンジ 国内主要空港 ショッピング 最高300万円
同じカテゴリのカード一覧
クレ達おすすめランキング

圧倒的なステータス
最上級のゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスゴールド

AMEX
詳細を読む

いつでもポイント高還元
最強の学生&若者カード

JCBエクステージ

JCBエクステージ

JCB
詳細を読む

2倍3倍あたり前
ネット通販最強カード

VIASOカード

VIASOカード

Master
詳細を読む

電子マネーが搭載
ポイント高還元カード

JCB一般カード

JCB一般カード

JCB

誕生月にポイント5倍
絶対得する無料カード

ライフカード

ライフカード

VISA Master JCB
詳細を読む
クレジットカードの達人 最新ニュースはこちらでチェック
クレジットカードの使い方
特集・ピックアップ
クレ達特別インタビュー

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!