クレジットカードの達人 >> ニュース >> ビューカードで家族カードの募集開始。家族みんなでポイントを貯めれば、年間で驚くほどお得!

公開年月日:2015年06月22日

ビューカードで家族カードの募集開始。家族みんなでポイントを貯めれば、年間で驚くほどお得!

  家族  

ビューカードは、「家族カード」の募集を2015年4月より開始した。会員本人と生計を共にする「配偶者」「両親」「高校生を除く18歳以上の子供」が対象だ。

家族会員も本会員と同様、1,000円につき2ポイント(5円相当)貯まり、Suica定期券の購入やオートチャージの利用だとポイントは3倍となる。

父、母、子供、みんなが家族カードを積極利用すればポイントをまとめられるので、一人だけで貯めるよりずっとお得だ。今回の記事では、家族カードの有効性を「ビューカード」をモデルケースに計算してみよう。

「父1人」と「家族4人」、貯まるポイントは年間で大きな差

会社員の父、パート勤めの母、社会人の娘、大学生の息子が、それぞれ「ビュー・スイカカード」と、「ビュー・スイカ家族カード」を持ったと仮定しよう。

父、娘、息子の定期代にそれぞれ年間15万円、母は生活費を月10万円利用した場合、年間で合計165万円の支払いだが、ビューサンクスポイントが「5,340ポイント」、ビューサンクスボーナスが「1,100ポイント」貯まる。これは金額にして、16,000円相当の節約になる計算だ。

もしこれを、父の定期代だけクレジットカード払いにした場合、節約できる金額は2,000円相当。その差、なんと8倍も損をしていることになる。

家族カードを持たない理由として「子供がカードを使いすぎないか心配」という方もいるだろうが、一律管理が可能なので、全員の利用額を日々チェックでき安心だ。

ビューカードの家族カードを手に入れよう

「ビュー・スイカ」カード ビューカードの種類は様々だが、「家族カード」が発行できるカードはSuica 定期券機能付きの「ビュー・スイカ」カード、「ビュー・スイカ」リボカード、ビューゴールドプラスカードに限られる。これらのカードを持っていれば、ビューカード会員用 Web サービスVIEWʼsNETから申し込みできる。

これを機に、日頃の様々な支払いで家族カードを検討してみてはいかがだろうか。

クレジットカードの達人 最新ニュースはこちらでチェック

クレジットカードの関連ニュース

この記事を見た人はこちらも見ています

クレ達おすすめランキング

いつでもポイント2倍
Amazonでの利用もお得

JCB CARD W

JCB CARD W

JCB
公式サイト

いつでもポイント2倍
年会費実質無料

三井住友VISAカード デビュープラス

三井住友デビュープラス

VISA Master
公式サイト

いつでも1%還元
楽天市場で2%還元~

楽天カード

楽天カード

VISA Master JCB
公式サイト

旅行保険&割引特典付帯
使わなくても得するカード

エポスカード

エポスカード

VISA
公式サイト

Suica利用者が得する
ポイント高還元カード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuica

VISA JCB
公式サイト
クレジットカードの使い方
特集・ピックアップ
クレ達特別インタビュー

474

今すぐ欲しい人必見!最短1時間で作れるカード