クレジットカードの達人 >> ETCカード >> ロードサービス付帯のETCカードを徹底調査&比較

ロードサービス付帯のETCカードを徹底調査&比較

更新年月日:2014年07月04日

ロードサービス付帯のETCカードを徹底調査&比較

ETCカードを利用する上で、あると心強い特典がロードサービス。旅行保険やショッピング保険と同じように、万が一の時のためのサービスとなるが、クレジットカードに付帯していれば、支払いや更新などが一括にできて安心。自動車保険に付属のロードサービスだけでは不安な人も、充実した補償内容だ。車の利用頻度に応じてクレ達おすすめのカードを見ていこう。

万が一の時に役に立つロードサービスで安心ドライブ

旅行中に車のバッテリーが上がってしまったり、サービスエリアでカギを車の中に入れたままロックしてしまったり…。意外なところで思わぬトラブルが発生してしまった時、アナタなら何に頼るだろうか?

既に加入している自動車保険のロードサービスを使う人、JAF(日本自動車連盟)を利用する人などが多いかもしれない。あるいは、全く気にしたことがない人もいるだろう。

クレジットカードには、ロードサービスが付帯しているものがあり、十分に安心できるカーライフをサポートしてくれる。支払いや更新もクレジットカードで行えるので、ETCカードを利用する人にとってはひとまとめにすることができるのでおすすめだ。

JAFと比べてサービスはどこが違うのか?

ロードサービスの中で、最も有名なものはJAFだろう。既に入会している人もいるかもしれない。JAFの入会金は2,000円、年会費は4,000円となっており、ロードサービスの中では高めの料金であるため、節約のために入会を諦めている場合もあるだろう。

確かに、JAFのロードサービスは手厚く、バッテリー上がりなどの簡単な処理であれば無料で対処してくれる。また、JAFの加盟店では優待割引などを受けられるため、家族みんなで利用している人も多い。

では、クレジットカードに付帯しているサービスはJAFと何が違うのだろうか?

まずは、JAFに比べてクレジットカード付帯のロードサービスは、入会金や年会費が格安で受けられるという点が大きなメリットとなるだろう。平均的には1,500〜700円程度でオプションをつけることができるようになっている。

また、各ロードサービスの条件によって異なるが、簡単なトラブル処理なら、JAFと同様に無料で対処してもらえるようだ。JAFのようなレジャー施設などの優待特典は、クレジットカード本体に付帯しているので、車を頻繁に利用しないけれどロードサービスをつけたいという人なら、クレジットカードのサービスで十分と言えるだろう

ロードサービス付帯のクレジットカードで得しよう!

やっぱり強い!ガソリンスタンド系クレジットカード

ENEOSカード PETCカードの発行やロードサービスの割引などに強いのは、やはりガソリンスタンドが発行しているクレジットカード

例えば、ENEOSのクレジットカードなら、ロードサービスに年会費1,250円(税別)、家族会員は無料で加入できる。レッカー移動は10km以内、路上の修理は30分以内が無料となり、万が一料金が発生しても、同カードで支払いをすればポイントが貯められる。

また、出光の「まいどプラス」なら、出光ロードサービスに年会費787円で入会が可能。窓口は24時間365日利用でき、全国8,000カ所以上のネットワークで30分以内を目標に急行してくれる。ゴールドカードなら、これらのロードサービスが自動付帯していて安心できる。

ショッピング重視でロードサービスもカバーしたい人に

P-oneカード <Standard>クレジットカードのサービスは、ショッピングの割引やポイントの還元の方が重要!という人のためにも、オプションでロードサービスを付帯できるカードがある。

年会費が無料の上、いつでも利用額の1%分がキャッシュバックされる「P-oneカード」では、車の利用は頻繁ではなく、ロードサービスは副次的なもので良いという人におすすめ。年会費700円(税別)を追加すれば、全国24時間体制でサポートしてくれる「カーライフホッとライン」に加入できる。ふだんのショッピングでしっかりキャッシュバックを受けて、浮いたお金でロードサービスに加入しておくというのも一つの手だ。

お得なクレジットカードはこれだ!

おすすめ ENEOSカード P

ENEOSカード P
  • 24時間365日利用可能なENEOSロードサービスが自動付帯!
  • 初年度年会費無料、翌年度1,250円(税別)で家族は追加無料
  • 「カーコンビニ倶楽部」でキズ・ヘコミの修理も5%割引

ENEOSのクレジットカードの中でもロードサービスやETCカードに特化しているのが、この通称「Pカード」。年会費1,250円(税別)で追加料金を払わずに、24時間365日利用可能なENEOSロードサービスが付帯していて安心できる。さらに、万が一車にキズやヘコミなどのトラブルが生じても、提携先の「カーコンビニ倶楽部」なら5%の割引価格で利用可能。車を大事にしている人には信頼の1枚となるだろう。

カードの詳細お申し込み

おすすめ 出光カードまいどプラス

出光カードまいどプラス
  • 年会費787円で24時間365日対応のロードサービス付帯
  • カード利用額に関係なくいつでも1リットルあたり2円引き
  • 本カードもETCカードも年会費は永年無料

出光のカードは、年会費750円(税別)を追加するだけで、24時間365日対応の出光ロードサービスが付帯でき、大手ロードサービス会社の入会金や年会費に比べると、気軽に使うことができる。出光SSでの給油ならカードの利用額に関係なく、ガソリン代は1リットルあたり2円引きとなり、年会費は本カードもETCカードも永年無料なので、出光をよく利用するならかなりおすすめ。

カードの詳細お申し込み

P-oneカード <Standard>

P-oneカード <Standard>
  • 年会費700円(税別)で入会できる「カーライフホッとライン」
  • いつでも無条件に1%還元キャッシュバック!
  • ETCカードも発行手数料、年会費無料でお得

ポケットカードのスタンダードは、入会金、年会費も無料でありながら、いつでもどこでも無条件に1%還元キャッシュバックが受けられる嬉しいカード。追加で700円(税別)を支払えば、ロードサービスである「カーライフホッとライン」を利用することができる。ポイント交換が苦手で、直接キャッシュバックしてほしいという人には手間が省けて使いやすい1枚だ。

カードの詳細お申し込み

471

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!