クレジットカードの達人 >> ETCカード >> 一体型のETCカードを徹底調査&比較

一体型のETCカードを徹底調査&比較

更新年月日:2014年07月04日

一体型のETCカードを徹底調査&比較

ETCカードは、基本的にクレジットカードとETCカードが分かれている「分離型」をとるが、中にはETCカードの「一体型」も存在する。発行会社が少ないため、選べるカードの種類の数も限られているが、「一体型」のETCカードを探している人に、「一体型」ETCカードのメリット・デメリットや、クレ達おすすめのカードラインナップを紹介する。

カードを1枚にまとめたい人に!ETC一体型カード

「これ以上カードを増やしたくない」「カードは1枚で管理したい」と強く希望する人におすすめなのが、クレジットカードとETCカードが一体型となったタイプ。

まず、すぐに一体型のETCカードを探してしまうのではなく、メリット、デメリットを、おさえた上で選ぶようにしよう。

一体型のETCカードは、発行していないカード会社が多く、選べる種類が数少ないので、中でも、使い勝手の良い一体型のETCカードを厳選して紹介しよう。

一体型カードのメリット・デメリットとは?

クレジットカードとETCカードが一体型になっていることによって得られるメリットは、やはり「カードが1枚で済む」ということに尽きるだろう。

一方、一体型カードのデメリットとして挙げられるのは、万が一、車上荒らしの被害に遭ったとき、クレジットカード本体を使用されてしまう恐れがある、ということだ。クレジットカードとETCカードが別々であれば、もし被害にあっても、ETCカードのみで済む。

また、頻繁にETCを利用する人なら、高速道路にのる度にETCカードを挿入し直さなければいけないため、もし、手元にカードを忘れてしまった時に困ってしまう。

結論!ETCのヘビーユーザーは「分離型」がおすすめ

このように、一体型のETCカードのメリット・デメリットを並べてみると、分離型の方が使い勝手が良さそうだ。

基本的に、ETCカードは車載器に挿入されたままのことが多いため、わざわざ一体型にしておく必要はない。 また、セキュリティの観点から車載器からははずしておくことが望ましいが、ETCを頻繁に利用する人にとっては煩わしい。

つまり、ETCカードを頻繁に利用する人には「分離型」、年に数回しかETCを利用しない人には「一体型」がおすすめというのが、クレ達の結論である。

それでもやっぱり「一体型」なら、このカード!

「一体型」のETCカードを検討したいという人に、クレ達がおすすめするカードは、JCBとさくらカードが発行する一体型ETCカードだ。

いずれもJCBブランドになるが、「ドライバーズプラスコース」を選ぶと、ガソリン代や高速料金が毎月最大6,000円のキャッシュバックが狙えるので見逃せない。

また、法人向けのビジネスカードでは、年会費が安く、ETCカードの追加枚数の制限がないため、導入しやすい。

さらに詳しいポイントについては、下記の各カード情報を参照にしてほしい。

お得なクレジットカードはこれだ!

一般クラスのクレジットカード

おすすめ ETC/JCBカード

ETC/JCBカード
  • 年会費は一般カードと同じ格安の1,250円(税別)
  • ガソリン代・高速料金が毎月最大6,000円キャッシュバック
  • ショッピング保険も最高100万円が付帯で安心

JCBのETC一体型カードは、年会費が一般カードと変わらず格安の1,250円(税別)で入会できる。特に、「ドライバーズプラスコース」を選択すれば、毎月の利用額に応じて、ガソリン代や高速料金が最大6,000円のキャッシュバックを受けることができる。また、ショッピング保険も最高100万円が付帯しているので安心して利用できる。

カードの詳細お申し込み

さくらカード ETC/JCBカード

さくらカード ETC/JCBカード
  • 年会費は一般カードと同じ格安の1,250円
  • ガソリン代・高速料金が毎月最大6,000円キャッシュバック
  • さくらカードオリジナルのキャンペーンに参加可能

さくらカードのETC一体型カードは、JCBのプロパーカードの機能と基本的には同じとなっている。ポイントをメインに貯めたい人は、「OkiDokiポイントプログラムコース」もあるので、活用しよう。さくらカードのメリットは、不定期に開かれるオリジナルのキャンペーンに参加できること。当選すれば豪華なプレゼントやギフトカードがもらえるので見逃さないようにチェックしよう。

カードの詳細お申し込み

ゴールドクラスのクレジットカード

おすすめ ETC/JCBゴールドカード

ETC/JCBゴールドカード
  • JCBのゴールドにETCカードが追加しても年会費変わらず
  • 旅行保険は海外が最高1億円、国内は最高5,000万円!
  • 国内主要空港ラウンジが無料で利用OK

飛行機も高速道路もよく利用するという人に最適な、JCBのETC一体型ゴールドカードは、ETCカードが一体になっても年会費は変わらず10,000円(税別)。ベーシックな一体型カードに付帯している機能や特典はそのままに、海外・国内旅行保険が充実し、国内主要空港ラウンジの利用が無料に。また、ゴールド会員専用の通話無料ゴールドデスクも用意されているので、どこへ行くにも安心だ。

カードの詳細お申し込み

さくらカード ETC/JCBゴールドカード

さくらカード ETC/JCBゴールドカード
  • JCBのゴールドにETCカードが追加しても年会費変わらず
  • 旅行保険は海外が最高1億円、国内は最高5,000万円!
  • さくらカードオリジナルのキャンペーンに参加可能

さくらカードのETC一体型ゴールドカードも、基本的な機能や保険の保障内容はJCBのプロパーカードに準じている。ゴールドカードもさくらカード会員限定のキャンペーンに参加できるので、いつもチェックしておきたい。例えば、対象ショップでの利用でOkiDokiポイントが20倍になったり、利用額に応じて懸賞に応募できたりするので、楽しみも増えるだろう。

カードの詳細お申し込み

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!