クレジットカードの達人 >> クレジットカードの基礎知識 >> クレジットカードの仕組み >> 利用できるのはカード加盟店

利用できるのはカード加盟店

更新年月日:2012年07月01日

クレジットカードの加盟店とは?

よく店の入口やレジの周辺に、クレジットカードのロゴを見かけませんか?JCBやVISA、MasterCardなど国際ブランドのロゴが多くみられますが、SAISON CARDや楽天など、国内ブランドのロゴまでたくさん掲示している店もあります。

これが、いわゆるクレジットカードの加盟店である証です。ロゴのステッカーやプレートは、このカードの加盟店=「このカードがうちで使えますよ」ということを客に伝えるためのツールです。

これは実際に足を運ぶリアル店舗に限らず、インターネット上に店を構えているECショップも同じです。ECショップの場合、大抵はトップページに「お支払い・送料」という料金関係のタブがあります。クレジットカードが利用できるECショップなら、加盟しているクレジットカードのロゴマークがそのページに並んでいるはずなので、確認してみてください。

ロゴの表示で勘違いしやすいのが、JCBの加盟店ならAMERICAN EXPRESS(AMEX)のロゴがなくても、AMEXの加盟店であるという点です。これは、カードブランドがお互いの加盟店を共有する「相互開放」という連携をしているからです。JCBはAMEXと加盟店の相互開放をしているので、両方の加盟店になります。しかし、カード決済機器の仕様や店員の不認知のため、アメックスが使えない店舗も一部あるのが現状です。

表示されているロゴは加盟店の証ですが、それだけで使えるカードを判断するのは早計だということを、頭の片隅に入れておいてくださいね。

加盟店手数料の仕組み

クレジットカード会社は、ただ加盟店にカードの利用を許可しているだけではありません。加盟店から手数料を徴収しており、それを重要な収入源としているのです。

加盟店手数料は固定ではなく、客がカード決済をした金額に応じて課金されます。その手数料率は決済額の約2%~6%と、カード会社や加盟店の業種によって差があります。この手数料がネックになって、小規模な店舗ではカードを導入していないところがあるのです。

一方、加盟店でも「カードの利用は3,000円以上からとさせていただきます」などの注意書きがレジの横に貼られているのは、よくあることです。

このように手数料を捻出してまで、なぜクレジットカードの加盟店になる必要があるのでしょうか?それは、加盟店になるメリットがたくさんあるからです。

まず、決済手段が多いほど集客につながります。そして、現金よりも客単価がアップする傾向があります。また、カード会社によってはPRなどのサポートをおこなっているところもあります。こうした集客・売上・PR強化の対価として、加盟店はカード会社に手数料を支払っているのです。

カード会社にとっても、加盟店は大事な顧客です。多額の決済が見込める大型店舗では手数料率を下げたり、扱えるカードの種類を増やすべく前述した「加盟店の相互開放」に力を入れて、加盟店の確保に努めています。

このように、カード会社と加盟店は持ちつ持たれつの関係を築きあって、今日の消費を活性化させているのですね。

クレ達おすすめランキング

いつでもポイント高還元
最強の学生&若者カード

JCBエクステージ

JCBエクステージ

JCB
詳細を読む

いつでも1%還元
知名度・利便性抜群

三井住友VISAカード デビュープラス

三井住友デビュープラス

VISA Master
詳細を読む

旅行保険&割引特典付帯
使わなくても得するカード

エポスカード

エポスカード

VISA
詳細を読む

Suica利用者が得する
ポイント高還元カード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuica

VISA JCB
詳細を読む

2倍3倍あたり前
ネット通販最強カード

VIASOカード

VIASOカード

Master
詳細を読む
クレジットカードの達人 最新ニュースはこちらでチェック
クレジットカードの使い方
特集・ピックアップ
クレ達特別インタビュー

471

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!