クレジットカードの達人 >> クレジットカードを知る >> キャッシングの借り入れ件数・金額がカード審査に与える影響について
注意!このページをお読みになる前に

現在、こちらのページは更新をしていないため、古い情報が含まれている恐れがあります。クレジットカード審査に関する最新の情報は下記リンク先をご覧ください。

キャッシングの借り入れ件数・金額がカード審査に与える影響について

更新年月日:2012年07月23日

他社から借り入れがあっても大丈夫

クレジットカードの申し込み時、記入欄の中には「他社からの借り入れ」という項目があります。他のクレジットカード会社でのキャッシングの利用や銀行のカードローン、消費者金融の利用などがある場合は、この欄に記入します。

「他の会社からも借り入れしているから、審査に通らないかも…」と思う人もいるでしょう。しかし、心配はご無用。他社からの借り入れがあるからといって、クレジットカードの入会を拒否されることはほとんどありません。この項目は、審査というよりは単純に「何社からいくら借り入れをおこなっているか」という現状を知るために設けられていると考えて大丈夫です。

キャッシングやカードローンを利用している人はつい、借り入れ先を少なく記入したり、額を少なく申告しがちですが、それこそNG。信用情報機関に照会すればわかる情報なので、ウソを書いてもすぐにバレてしまいます。気持ちはわかりますが、それこそカード会社の心象を悪くしてしまうかもしれないので、正確な情報を記入しましょう。

借り入れ件数はさほど重視されない

例えば複数の会社から借り入れをおこなっていて、新たにクレジットカードを作ろうとした場合、借り入れの件数がショッピング枠に影響するのでしょうか?答えは、NOです。ショッピング枠の利用限度枠を設定する際に考慮される可能性は少なからずありますが、そもそもショッピングとキャッシングとでは適用される法律が違うため、影響することはないのです。

とはいえこれは、きちんと返済しているということが大前提。他社での借り入れに対して遅延や延滞があるなど、信用情報機関に事故情報が登録されている場合は、入会を拒否されることもあります。

また、クレジットカード会社によっては、「◯件以上の借り入れをしている人はNG」といった独自の基準を設けている場合もあります。こうした基準は申し込む際にはわかり得ないため、「申し込んだがダメだった」という場合には、もしかすると借り入れ件数が審査に通らなかった理由“かもしれない”と推測するしかありません。

キャッシング枠への影響は?

借り入れの件数がキャッシング枠の設定に影響することはありません。重要なのは、件数ではなく金額。改正貸金業法によって、借り入れできる金額は年収の1/3以下と決められています。これは総額なので、例えば他社からの借り入れで既に年収の1/3に達していると、キャッシング枠は付与されず、ショッピングだけが利用できるクレジットカードしか作ることができなくなります。

クレ達おすすめランキング

いつでもポイント高還元
最強の学生&若者カード

JCBエクステージ

JCBエクステージ

JCB
詳細を読む

いつでも1%還元
知名度・利便性抜群

三井住友VISAカード デビュープラス

三井住友デビュープラス

VISA Master
詳細を読む

旅行保険&割引特典付帯
使わなくても得するカード

エポスカード

エポスカード

VISA
詳細を読む

Suica利用者が得する
ポイント高還元カード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuica

VISA JCB
詳細を読む

2倍3倍あたり前
ネット通販最強カード

VIASOカード

VIASOカード

Master
詳細を読む
クレジットカードの達人 最新ニュースはこちらでチェック
クレジットカードの使い方
特集・ピックアップ
クレ達特別インタビュー

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!