クレジットカードの達人 >> マイレージカード >> アシアナ航空のマイレージが貯まるおすすめカードを徹底調査&解説

アシアナ航空でマイルが貯まるカードを徹底解説

更新年月日:2015年11月19日

アシアナ航空

1988年設立。韓国大手財閥の出資により、豊富な資金力をバックに新機材投入、路線開拓。韓国のインチョン国際空港、キンポ国際空港をハブとして20カ国以上、70都市以上に就航。2007年にスターアライアンス加盟。航空リサーチ会社スカイトラックスの5つ星認定。サービスの質の高さに定評がある。

  • 韓国国内、ソウルを中心に世界中へ渡航する機会が多い人
  • ANAマイレージ、アシアナクラブのマイルを貯めたい人

アシアナ航空でフライトマイルを貯める

アシアナ航空は、インチョン空港を拠点にヨーロッパ、アメリカ、アジアの各都市へ幅広く就航しているが、特に東南アジア路線が厚い。またその中でも、日本、中国は地方都市に多く就航している。

日本への就航路線は、東京、名古屋、大阪はもちろん、その他、旭川、仙台、静岡、富山、米子、高松、松山、広島、福岡、熊本、宮崎、沖縄と幅広く、地方在住でも利用しやすい。ソウル経由で世界の各都市へ渡航するときにも非常に便利だ。

アシアナ航空のマイレージプログラム「アシアナクラブ」に入会する

アシアナ航空のマイレージプログラム「アシアナクラブ」入会することで、同社のフライトマイルをポイントして貯めることができる。アシアナクラブ入会から簡単な手続きで入会が可能だ。

アシアナクラブでは、24ヶ月毎の搭乗実績にもとづいてエリート会員等級が付与される。等級には、「シルバー」「ゴールド」「ダイヤモンド」「ダイヤモンドプラス」「プラチナ」5段階がある。エリート会員にはフライトマイルが加算される他、ラウンジ利用、チェックインカウンター利用、追加預入荷物無料、優先搭乗、マイレージ有効期間延長などの特典がある。

また、アシアナクラスのプラチナ、ダイヤモンドプラス会員は「スターアライアンスゴールド会員」、アシアナクラブゴールド会員は、「スターアライアンスシルバー会員」として特典を受けることができる。各特典の内容や、上級資格の要件の詳細はアシアナクラブ 会員制度および特典を参照してほしい。

提携する航空会社のマイレージプログラムに入会する

スターアライアンスアシアナ航空のマイレージプログラム、アシアナクラブはスターアライアンス加盟国のマイレージプログラムで貯めることが可能だ。スターアライアンスには、ANAをはじめ、ユナイテッド航空、エア・カナダ、シンガポール航空、タイ国際航空など世界各地のメジャーなフラグシップが加盟している。よく利用する航空会社があれば、そちらのプログラムにフライトマイルを貯めるのが良いだろう。

またアシアナ航空は、スターアライアンス加盟航空会社以外にも、エティハド航空(アラブ首長国連邦)、カタール航空(カタール)とも提携しており、これらエアラインを利用してもアシアナクラブを貯めることができる。それぞれの積算率は、提携航空会社に搭乗する際のマイレージ蓄積基準表を参考にしてほしい。

航空会社以外にも、世界クラスの多くのホテルとも提携している。利用ごとにマイルが貯まるのでフライトから滞在まで効率的にマイルを貯めることができる。提携先企業の詳細は、その他の提携企業を確認してほしい。

貯めたマイルをアシアナ航空で利用する

アシアナクラブの場合

アシアナクラブで貯めたマイルは、アシアナ航空はもちろん、スターアライアンス加盟航空会社、およびその他の提携航空会社(エティハド航空、カタール航空、エバー航空)の特典航空券と交換可能だ。各フライトに必要なマイル数は違うので詳しくは公式ページ、マイレージの使用を確認してほしい。

アシアナクラブがあと少しだけ足りない!そんなときは。

Asiana Club JCBカード(一般カード)カード利用でアシアナクラブが貯まるカードに、Asiana Club JCBカード(アシアナ航空)(一般カード)がある。フライト利用時のはもちろん、通常のショッピングや食事で利用してもマイルが貯まる。マイルの失効期限が近づいているけど、あと少しだけマイルが足りない、そんなときに利用することができる。

提携マイレージの場合

ANA(全日空)日本人にとって利用頻度の高いマイレージプログラムは、やはり国産のANAマイレージクラブかJALマイレージバンクだろう。アシアナ航空はANAマイレージ提携会社の一つなので、ANAで貯めたフライトマイル、ショッピングマイル、その他全てのマイルは特典航空券に交換することが可能だ。特典航空券の発行に必要なマイル数はこちらのページを参考にしてほしい。

ANAマイレージクラブのマイルは「貯める」「使う」の両面で汎用性が非常に高いので、アシアナ航空を利用する場合もJALカードを利用するのが最も賢い選択の1つだ。

アシアナ航空でマイレージを有効に活用する!まとめ

クレ達の一押しは王道「ANAカード」

ANA VISA Suicaカード ANAマイルを貯めるなら、ショッピングやフライトでマイルがたくさん貯まるANAカードに申し込もう。

ANAカードには様々な種類のカードがある。カード毎の特徴はおすすめのANAカードを徹底比較にてまとめて紹介しているので、この記事を読んで自分に合った1枚を探して欲しい。

とは言えいちいち比較するのはめんどうという人のために、このページでもおすすめのANAカードを1枚紹介しよう。

ANA VISA Suicaカードは、年会費が格安で、どんな利用者にもおすすめできるANAカードだ。

一般的なANAカードの年会費は2,000円(税別)で、このカードも同額だ。ただし、「マイ・ペイすリボの登録と年1回以上の利用」があれば翌年度の年会費が751円(税別)になる

また、マイ・ペイすリボは月々の支払額を自由に設定できる。従って、カード利用額よりも常に高い額を設定しておけば一括で返済が完了し、リボ払い手数料を払わずに年会費を安くできる

また、年会費以外にも、Suicaへのチャージでマイルが貯まる点も魅力だ。1,000円のチャージで10マイルが貯まるので、普段電車やバスを利用する人ならマイルを量産できるはずだ。

お得なクレジットカードはこれだ!

おすすめANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード
  • マイ・ペイすリボの登録で年会費751円(税別)に
  • Suicaチャージでマイルが貯まる
  • 貯まったマイルでアシアナ航空の特典と交換可

一般的なANAカードの中では、最も年会費を安くできるANAカード。しかもSuicaへのチャージでもマイルが貯まるので、電車やバスを利用している人ならANAマイル量産を夢じゃない。年会費が安くマイルも貯めやすい素晴しいカードだ。

カードの詳細お申し込み

航空会社の基本情報

名称 アシアナ航空
公式サイト http://jp.flyasiana.com/
航空会社コード OZ
国・地域 大韓民国
ハブ空港 仁川国際空港
設立年月日 1988年2月17日
就航状況 日本国内線 ×
日本発着国際線
主な就航都市 【日本】成田、羽田【アジア】北京、上海、台北、香港、マニラ、バンコク、シンガポール、デリー【ヨーロッパ】パリ、ロンドン【北中米】ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス【オセアニア】シドニー
マイレージ
プログラム
名称 アシアナクラブ
搭乗
マイレージ
積算率
ファースト 0%〜200%
ビジネス 0%〜135%
エコノミー 0%〜100%
加盟アライアンス
航空連合
スターアライアンススターアライアンス
規模で第1位。世界195カ国、1,300以上の都市に就航。北中米、ヨーロッパ、アフリカ路線が充実。
JAL/ANAマイレージ
との相互利用
  • ×
マイレージの購入 不可
マイレージの譲渡 一部会員は会員間での譲渡が可能
マイルが貯まる
クレジットカード
  • アシアナ航空提携カードでのショッピング

2013年8月19日時点の情報

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!