クレジットカードの達人 >> マイレージカード >> 予算20万円以下で超豪華旅行!7泊のマリオットホテル無料滞在と好きな航空会社のマイルを獲得できる「マリオットトラベルパッケージ」がお得

公開年月日:2017年05月26日

予算20万円以下で超豪華旅行!7泊のマリオットホテル無料滞在と好きな航空会社のマイルを獲得できる「マリオットトラベルパッケージ」がお得

マリオットのロゴ

ファーストクラスやビジネスクラス、グレードの高いホテルを選ぶと予算をオーバーしてしまい、念願のゴージャスプランをあきらめたり妥協したりした経験はないだろうか。

一部の富裕層やアッパー層を除けば「せっかくだからリッチな旅行をしたい」と思っても、旅行にかけられるお金は限られているのは当然のこと。

少しでもコストを押さえて豪華な旅行をするなら、旅行会社の期間限定ツアーやディスカウントキャンペーンを探したり、貯めたマイルでビジネスクラスの特典航空券に交換する方法は有名で多くの人が実践してるだろう。

このページではまだまだあまり知られていないマリオットトラベルパッケージという特典を利用して格安で豪華旅行に行ける方法を紹介しよう。

マリオットトラベルパッケージとは、マリオットホテルのポイントプログラム「マリオットリワード」を使って、1週間(7泊分)のマリオットホテルもしくはグループ会社のザ・リッツカールトンホテルの滞在と、好きな航空会社のマイルを獲得できる特典のこと。

そこで獲得したマイルを使って航空会社の特典航空券と交換すれば、ビジネスクラスやファーストクラスで海外へ行き高級ホテルに7日間滞在し、豪華な旅行が実現できる。

そして、今から紹介するさまざまなテクニックを駆使してマリオットリワードを貯めれば、コストをおさえて豪華旅行を楽しむことが可能なのだ

中には次の例のように、正規料金の半分~8分の1以下の金額で特典を獲得する方法もある。

  • 【2名】JALビジネスクラスで行くバンコク旅行:正規料金50万円→16万円
  • 【1名】エティハド航空ファーストクラスで行くドバイ旅行:正規料金140万円→16万円

マイルやホテルの特典を知り尽くしたクレジットカードの達人の知見やノウハウを使ってお得なプランを余すことなく紹介。

ポイント・マイル上級者だけでなく、ある程度の稼ぎや蓄えのあるミドル~アッパー層ならば簡単に実践できる方法なので格安の豪華旅行を楽しんでほしい。

【PR】30社以上の航空会社のマイルに交換できるマイル系最強クレジットカード 12,500マイル相当のポイントが貯まる入会キャンペーン実施中

マリオットトラベルパッケージとは?特典のルールや利用方法

マリオットリワーズを使って7泊のマリオットホテル滞在と好きな航空会社のマイルを獲得できる特典

マリオットトラベルパッケージとは、マリオットホテルのポイントプログラム「マリオットリワード」を使って、1週間(7泊分)のマリオットホテル、もしくはグループ会社のザ・リッツカールトンホテルの滞在と、好きな航空会社のマイルを獲得できる特典のこと。

おもな特徴は次の通り。

  • 獲得するためには、マリオットのポイントプログラム「マリオットリワード」が必要
  • マリオットリワードと引き換えに、ホテル7泊分好きなエアラインのマイルを獲得できる
  • 必要なポイント数は、1.宿泊するホテルのグレード2.マイルの種類3.獲得マイル数によって決定する
  • 滞在できるホテルは世界中のマリオットホテルザ・リッツカールトンが対象 対象ホテル
  • 獲得マイルは、JALマイル、ANAマイル含む30以上のエアラインから選択できる 対象マイル
  • ホテルの無料滞在は1滞在7連泊(8泊目以上は有料)。「3泊と4泊」というように複数回の滞在に分割することはできない

獲得できる航空会社のマイル一覧

JALマイル、ANAマイルを含む35種類のマイレージの中から好きなマイルをひとつ選択して獲得できる。(2017年5月24日時点)

ユナイテッド航空や大韓航空など比較的知名度の高い航空会社から、日本に就航していない航空会社までさまざま。

加盟アライアンス(総数) マイレージ(航空会社)
ワンワールド(9) JALマイレージバンク(日本航空)、アドバンテージ(アメリカン航空)、Aviosポイント(ブリティッシュエアウェイズ)、イベリアプラス(イベリア航空)、アジアマイル(キャセイパシフィック航空)、プリビレッジクラブ(カタール航空)、カンタス・フリークエントフライヤー(カンタス航空)、ラタムパス(ラタム航空)、トップボーナス(エアベルリン)
スターアライアンス(11) ANAマイレージクラブ(全日空)、マイルズ&モア(ルフトハンザドイツ航空)、マイレージプラス(ユナイテッド航空)、アエロプラン(エア・カナダ)、アシアナクラブ(アシアナ航空)、フェニックスマイル(中国国際航空)、クリスフライヤー(シンガポール航空)、マイルズ&スマイルズ(ターキッシュエアラインズ)、アビアンカプラス(アビアンカ航空)、ヴィクトリア(TAPポルトガル航空)、コネクトマイルズ(コパ航空)
スカイチーム(6) デルタスカイマイル(デルタ航空)、フライング・ブルー(エールフランス/KLMオランダ航空)、スカイパス(大韓航空) 、ミッレミリア(アリタリア航空)、アエロフロートボーナス(アエロフロートロシア航空)、クラブプレミア(アエロメヒコ航空)
その他(11) ハワイアンマイル(ハワイアン航空)、スカイワーズ(エミレーツ航空)、エティハドゲスト(エティハド航空)、マイレージプラン(アラスカ航空)、アーリーリターンズ(フロンティア航空)、スマイルズ(ゴル航空)、フライングクラブ(ヴァージンアトランティック航空)、ジェットプリビレッジ(ジェットエアウェイズ)、ラピッドリワーズ(サウスウエスト航空)、トゥルーブルー(ジェットブルー航空)、エレベート(ヴァージンアメリカ航空)

:緑文字は日本に就航している航空会社

JALとANA、それぞれと提携している航空会社に分類すると次の通り。JALと提携しているマイレージはJALの特典航空券に、ANAと提携している場合はANAの特典航空券に交換できる。

航空会社 マイレージ(航空会社)
JAL日本航空 アドバンテージ(アメリカン航空)、Aviosポイント(ブリティッシュエアウェイズ)、イベリアプラス(イベリア航空)、アジアマイル(キャセイパシフィック航空)、プリビレッジクラブ(カタール航空)、カンタス・フリークエントフライヤー(カンタス航空)、ラタムパス(ラタム航空)、トップボーナス(エアベルリン)、フライング・ブルー(エールフランス/KLMオランダ航空)、スカイワーズ(エミレーツ航空)、スカイパス(大韓航空)、マイレージプラン(アラスカ航空)
ANA全日空 マイルズ&モア(ルフトハンザドイツ航空) 、マイレージプラス(ユナイテッド航空)、アエロプラン(エア・カナダ)、アシアナクラブ(アシアナ航空)、フェニックスマイル(中国国際航空)、クリスフライヤー(シンガポール航空)、マイルズ&スマイルズ(ターキッシュエアラインズ)、アビアンカプラス(アビアンカ航空)、ヴィクトリア(TAPポルトガル航空)、エティハドゲスト(エティハド航空)、ハワイアンマイル(ハワイアン航空)、ジェットプリビレッジ(ジェットエアウェイズ)、フライングクラブ(ヴァージンアトランティック航空)

:緑文字は日本に就航している航空会社

宿泊できるマリオットホテル&リッツカールトン

世界中のマリオットとリッツカールトンホテルが無料滞在特典の対象となる。

高級ホテルのリッツカールトンは、現在マリオットグループの一員のためこの特典の対象ホテルに含まれる。 一方、2015年に買収したウェスティンやシェラトンを運営するスターウッドホテル&リゾートは対象に含まれていない。

また、マリオットグループのホテルでも、長期滞在型のコンドミニアムの「マリオット・エグゼクティブ・アパートメント」や「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス」、ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポールなど一部のホテルは対象に含まれない。

詳しくは利用規約をチェック。

もうひとつ気を付けることは、マリオットホテルおよびリッツカールトンホテルは、それぞれ「カテゴリー」と「ティア」という名称でホテルのグレードを設定している。

  • マリオットホテル:カテゴリー1~9(9段階で9が最上級)
  • リッツカールトン:ティア1~5(5段階で5が最上級)

このグレードによってマリオットトラベルパッケージの特典に交換する際の必要なポイント数が決められていて、カテゴリーやティアの数が大きいほどたくさんのポイントが必要になる。 特典交換する際に必ずチェックしなければいけない項目となる。

それぞれのホテルのカテゴリーとティアは、次のようにマリオットの公式サイトで確認できる。(例:名古屋マリオットアソシアホテルのカテゴリーは6)

名古屋マリオットアソシアホテルのカテゴリー

次に「東南アジアでカテゴリー5のホテルを探したい!」「リッツカールトンがいい!」といったように、グレードや地域・ブランドなどこだわりの条件でホテルを探すなら、マリオットホテル検索ページで確認しよう。

パソコンならサイドバー内、スマートフォンなら絞り込みを選択した後に表示される絞り込み条件の中から、こだわりの条件を指定すれば合致したホテルが国・地域別に表示される。カテゴリーとティアで絞り込みをするならホテルリワード カテゴリーを選択。

マリオットホテル検索ページ

特典の獲得に必要なポイント数

前述の通り、特典の獲得に必要なポイント数は1.宿泊するホテルのグレード、2.マイルの種類、3.獲得マイル数によって決まる。

マイルの種類で比較したときに、最も交換レートが高いのはユナイテッド航空のマイレージプラス。たとえば、270,000ポイントでカテゴリー1~5の7泊無料滞在+132,000マイルが獲得できる。

マリオットトラベルパッケージの交換レート

他の航空会社のマイルに交換する場合の必要マイル数はマリオットトラベルパッケージのページで確認できるが、すべての航空会社のマイルを必要マイル数ごとに整理すると、4つに分類される。傾向として、一部の欧米系マイレージは比較的レートが高い一方、JALマイル・ANAマイルを含むアジア系のマイルは比較的レートが低い。

マイルの交換レートにこだわるなら132,000マイルおよび120,000マイルのマイレージを選択すべき。この中でも、アラスカ航空、アメリカン航空、ブリティッシュエアウェイズの3つのマイルはお得な使い道が豊富でマイラーを中心に人気が高い。

マイル別:270,000ポイントでカテゴリー1~5のホテルの無料宿泊特典を選択した場合、獲得できるマイル数の比較
マイレージ(航空会社) 獲得マイル数
マイレージプラス(ユナイテッド航空) 132,000マイル
クラブプレミア(アエロメヒコ航空)、アエロプラン(エア・カナダ)、マイレージプラン(アラスカ航空) 、アドバンテージ(アメリカン航空) 、Aviosポイント(ブリティッシュエアウェイズ) 、コネクトマイルズ(コパ航空)、デルタスカイマイル(デルタ航空) 、アーリーリターンズ(フロンティア航空) 、スマイルズ(ゴル航空) 、ハワイアンマイル(ハワイアン航空) 、イベリアプラス(イベリア航空) 、フライングクラブ(ヴァージンアトランティック航空)、ラピッドリワーズ(サウスウエスト航空) 120,000マイル
JALマイレージバンク(日本航空)、ANAマイレージクラブ(全日空)、アジアマイル(キャセイパシフィック航空)、アエロフロートボーナス(アエロフロートロシア航空)、アシアナクラブ(アシアナ航空) 、アビアンカプラス(アビアンカ航空)、ミッレミリア(アリタリア航空) 、フェニックスマイル(中国国際航空)、トップボーナス(エアベルリン)、スカイワーズ(エミレーツ航空)、エティハドゲスト(エティハド航空)、フライング・ブルー(エールフランス/KLMオランダ航空) 、プリビレッジクラブ(カタール航空)、カンタス・フリークエントフライヤー(カンタス航空)、ジェットプリビレッジ(ジェットエアウェイズ)、クリスフライヤー(シンガポール航空)、マイルズ&スマイルズ(ターキッシュエアラインズ)、ヴィクトリア(TAPポルトガル航空)、スカイパス(大韓航空)、ラタムパス(ラタム航空)、マイルズ&モア(ルフトハンザドイツ航空) 85,000マイル
トゥルーブルー(ジェットブルー航空)、エレベート(ヴァージンアメリカ航空) 60,000マイル

※:赤字はマイラーの間で「お得な使い道がある」と話題のマイルをクレ達スタッフが独断でピックアップ。

関連記事:Aviosポイント、エティハドゲスト、アドバンテージ、クリスフライヤーのお得な使い方
関連記事:アラスカ航空マイルのお得な使い方

マリオットリワードの賢い貯め方

スターポイントを貯めてマリオットリワードに移行するのが特典への近道

特典を獲得するために、どうすればマリオットリワードを効率的に貯められるか?

マリオットリワードを貯める方法の王道はマリオットホテルに滞在することだが、それだけでは特典に交換するまでに(一般的には)時間とお金がかかりすぎるのでおすすめしない。

そこで、我々はもっともコストをかけずに特典に交換するための方法として、スターウッドホテル&リゾートが運営するポイントプログラム「スターポイント」を貯めてマリオットリワードに移行することをおすすめしている

その理由は、昨年からマリオットリワードとスターポイントのポイントプログラムの相互提携が開始されたことで、1スターポイント⇔3マリオットリワードの比率で相互交換が可能となりスターポイントを貯めた方がより安い金額で特典を獲得できるようになったからだ。

マリオットホテルに滞在する時はマリオットリワードを貯めてほしいが、マリオットへの滞在機会のない人・少ないが最短で特典を獲得するにはスターポイントの獲得に注力すべき理由と方法を次から詳しく解説しよう。

スターポイントを賢く貯める方法

ここからはスターポイントを賢く貯める方法を紹介。

1 セールでポイントを購入する(年間3万ポイントまで)

マリオットリワードよりもスターポイントを貯めた方がより少ないコストでマリオットトラベルパッケージに交換できる。

これに納得するためには次の要点の理解が必要だ。

  • ポイント相互交換が可能で、1スターポイント⇔3マリオットリワードに交換できる
  • 1スターポイントの方が3マリオットリワードよりも安く購入できる。

いずれのポイントも公式サイトから直接ポイントを購入できる仕組みになっている。それぞれの単価は違う。スターポイント1ポイントをマリオットリワード3ポイントに交換できることから、

  • スターポイント1ポイントの方がマリオットリワード3ポイントよりも安い→スターポイントを買う
  • スターポイント1ポイントの方がマリオットリワード3ポイントよりも高い→マリオットリワードを買う

以上の選択をした方がコストは少なくなる。

そこで両者のポイント購入にかかるコストを調べた結果、スターポイントを購入した方が割安になることが判明した

マリオットリワード・スターポイントの購入コスト
マリオットリワード スターポイント
交換レート 3⇔1
購入料金 1,000ポイント:12.5USD 500ポイント:17.5USD
割引セール なし 年に数回開催 最大50%OFF
1ポイントあたりの単価 0.0125USD 通常:0.035USD → 0.0116USD※
30%OFF:0.0245USD → 0.008USD※
40%OFF:0.021USD → 0.007USD※
50%OFF:0.0175USD → 0.0058USD※
年間購入上限 50,000ポイント 30,000ポイント

:はスターポイントをマリオットリワード1ポイントあたりの購入コストに換算した金額

通常価格を比較した場合も、スターポイントの方が安く購入できる。さらに、スターポイントは年に数回ディスカウントセールを開催しており、毎年30~50%オフの金額でポイント購入可能。スターポイントは年間30,000ポイント、つまりマリオットリワード90,000ポイント分を購入できる。

ディスカウントセールで購入した場合は、マリオットリワードよりもはるかに安い金額で購入できるので、開催されるタイミングで必ず購入しておこう。

以上から、

  • スターポイントがディスカウントされたタイミングで購入
  • 購入したスターポイントをマリオットリワードに移行する

この手続きを実践すべき。

2 スターポイントが貯まるSPGアメックスを発行する

購入できるスターポイントは年間で30,000ポイント(=マリオットリワード90,000ポイント)が上限。これ以上スターポイントを貯めるには他の方法を模索しなければならない。

そこで、アメックスが発行するクレジットカード、スターウッドプリファードゲストアメリカンエキスプレスカード(通称SPGアメックス)なら、カードの利用100円につき1スターポイントが貯まる。

電子マネーQUICPayやApple Payに対応していることもあり、日常生活でスターポイントを貯める最も有効な方法だ。

現在は、入会後3か月間に10万円を利用すれば、ボーナスとして10,000ポイントを獲得できるキャンペーンを開催しているので、スターポイントを購入する際の決済に利用するなど、よりたくさんポイントを貯められるだろう。

この他に、入会2年目以降からスターウッドホテル&リゾートが提携する世界中のホテルに無料で1泊できる宿泊特典が毎年プレゼントされたり、スターウッドホテル&リゾートとマリオットの提携ホテル宿泊時にレイトチェックアウトや客室のアップグレードなどの特典が受けられる上級会員の資格が無条件で与えられるなど、たくさんの特典が付帯されており、今最も注目されているカードだ。

魅力や特典内容は関連記事に詳しくまとめているのでそちらを参考に入会を検討しよう。

関連記事:SPGアメックスの特徴とおすすめポイント

3 スターウッドグループのホテルに泊まる

スターポイントは、スターウッドの公式サイト、ホテルやコールセンターへの電話などを通じて世界中に展開しているスターウッドホテル&リゾートが運営しているホテルに予約した場合、宿泊料金の1ドル(およそ110円)あたり2スターポイントを獲得できる。

さらに、SPGアメックスに入会すると、スターウッドホテルの会員プログラムの上級資格にあたるゴールド会員が与えられ、宿泊ポイントにボーナスポイントが加算されるので合計で1ドルあたり3スターポイントを獲得できる。

出張や旅行でホテルを予約する時はスターウッドグループのホテルを優先しよう。

足りない分はマリオットリワードを購入

ここまで紹介した方法で貯めたスターポイントをマリオットリワードに移行しても、旅行の予定日までに特典に届かない場合は年間50,000ポイントを上限にマリオットリワードを購入して不足分を補うのが手っ取り早い。

総費用16万~25万で豪華旅行を実現!クレ達厳選おすすめの旅行プラン

ここからは、マリオットトラベルパッケージを使ったお得な旅行プランをいくつか紹介。

スターポイントを貯めてマリオットトラベルパッケージに交換するだけで、100万円以上かかる豪華海外旅行がたったの15万円~で実現できるお得プラン!

【2人合わせて16万円~】JALビジネスクラスで行くバンコク!マリオットホテルに泊まる7泊8日の旅

旅行プラン

日本発バンコク着の空路

東南アジアのおすすめプランは、人気の観光地、タイ・バンコク。

今回紹介するのは、JALのビジネスクラスで行く2人旅プラン。

【2名】JALビジネスクラスで行くバンコク!マリオットホテルに泊まる7泊8日の旅
行先 タイ・バンコク
利用人数 2名
エアライン JAL日本航空・ビジネスクラス
ホテル(7泊) バンコク・マリオット・ホテル・スクンビット(2名1部屋)
総予算 16万円~

フライトは日本を代表するエアラインJAL日本航空。きめ細かいサービスで日本人はもちろん外国人からの評価も高い。

JALはバンコクへは、成田・羽田・関空・中部の4空港で直行便を運行している。

その中でも、羽田発着のビジネスクラスは、水平になるまでリクライニングできるフルフラットシートなので空の旅をゆっくりとくつろぎながら楽しめる。2人で行くなら真ん中の2名掛けシートがおすすめ(下の写真)

JALビジネスクラスシート

画像引用元:JAL公式サイト JAL SKY SUITE – JAL国際線(2017年5月26日取得)

JALビジネスクラスシート

画像引用元:JAL公式サイト JAL SKY SUITE – JAL国際線(2017年5月26日取得)

通常料金は大人2名で482,580円。時期によって多少変動するが、どのシーズンも正規運賃は1人あたり20万円以上。

グーグルフライトによる料金算出

:グーグルフライトで往路2017年6月13日(JL031便)、復路6月20日の運賃(JL034便)の運賃を算出。

ホテルは日本人駐在員も多く居住する高級住宅街のトンローにあるバンコク・マリオット・ホテル・スクンビット。開業して間もないので設備が新しい。バンコクを一望できる屋上のスカイバーからは絶景を楽しめる。通常料金は7泊でおよそ9万円

バンコク・マリオット・ホテル・スクンビット

通常50万円以上の旅行が、マリオットトラベルパッケージを使えば16万円~にコストダウンが可能。

特典の獲得方法

アラスカ航空とJALのロゴ

この旅行特典を低コストで獲得する方法を解説。

この特典を獲得するには、マリオットリワード250,000ポイント、つまりスターポイント83,333ポイントが必要。

  1. マリオットリワードを270,000ポイント貯める
  2. 獲得マイルは、アラスカ航空のマイレージプランを選択する
  3. マイレージプランを使ってJALの特典航空券に交換する
特典獲得方法
マリオットリワード必要ポイント数 250,000ポイント
獲得するマイル/獲得マイル数 マイレージプラン(アラスカ航空)/100,000マイル
特典航空券/必要マイル数 JAL日本航空ビジネスクラスx2人分/100,000マイル

マイルはアラスカ航空のマイレージプラン(以降、アラスカ航空マイルと記載)を選択。

昨年からアラスカ航空はJALとマイレージ相互提携を開始し、アラスカ航空マイルをJALの特典航空券に交換できるようになり、JALマイルよりも少ない100,000マイルで、2名分の日本-バンコク間ビジネスクラス往復チケットを発券できる。

また、(配偶者や子供・両親でもない)友人の分の特典航空券も発券できるので、友達や恋人との旅行にも使えるのも大きな魅力。これらの理由からマイラーの間で人気沸騰中。

10万マイルで東南アジアをJALビジネスクラスで4往復(8区間)フライトできるトンデモナイ裏ワザがあったりする。詳しくは関連記事を参照。

関連記事:陸マイラーにおすすめ!マイルを使って東南アジアにビジネスクラスで行くなら、往復25,000マイルで交換できるアラスカ航空のマイル→JAL特典航空券が圧倒的にお得

アラスカ航空マイルの交換レート

スターポイントを83,334ポイント購入した場合のコストは、50%セールの時ならおよそ1,450ドル≒16万円、30%セールでも22万円!1人あたり8万円~11万円の負担で豪華旅行!

SPGアメックスを利用して日常生活でポイントを貯めれば実質さらなるコストダウンが可能だ。

【1名16万円~】エティハド航空ファーストクラスで行くドバイ!マリオットホテルに泊まる7泊9日の旅【空港からホテルまで高級リムジン送迎付】

旅行プラン

成田発ドバイ着空路

思いつく限りで、最も豪華な1人旅プランはエティハド航空のファーストクラスで行くドバイ旅行

成田からアブダビ国際空港へエティハド航空のファーストクラス、空港とドバイ間の2時間の移動はエディハド航空が手配した高級リムジンで送迎。

ドバイのマリオットホテルの7泊分の宿泊も付いてたったの16万円。

【1名16万円~】エティハド航空ファーストクラスで行くドバイ!マリオットホテルに泊まる7泊9日の旅
行先 アラブ首長国連邦・ドバイ
利用人数 1名
エアライン エティハド航空・ファーストクラス
ホテル(7泊) ドバイ・マリオット・ホテル・アルジャダフもしくは
ラ・ヴィル・ホテル&スイート・シティウォーク・ドバイ(1名1部屋)
総予算 16万円~

エティハド航空は世界屈指の豪華さを誇るエアライン。成田-アブダビに就航しているボーイングB787-9のファーストクラスはパーテションに囲まれた個室のようなプライベート空間に高級感のある革張りのシート、そして手厚い機内サービスとこだわりの機内食が付いて人気が高い。

エティハド航空のファーストクラス

画像引用元:エティハド航空公式サイトファーストクラス(2017年5月26日取得)

アブダビ空港に到着すると専用リムジンのドライバーのお迎えを受けてそのままドバイのホテルまで送迎してくれる。

リムジン送迎イメージ

画像引用元:エティハド航空公式サイトファーストクラス(2017年5月26日取得)

ちなみに、成田-アブダビのエディハド航空のファーストクラス往復の料金は123万円…目の玉が飛び出そうな金額…

グーグルフライトによる料金算出

ドバイの中心地にあるドバイ・マリオット・ホテル・アルジャダフ

ラ・ヴィル・ホテル&スイート・シティウォーク・ドバイ外観

もしくは、同じく中心部にあるラ・ヴィル・ホテル&スイート・シティウォーク・ドバイも宿泊可能。

ドバイ

ホテルは7泊でおよそ10万円。

特典の獲得方法

アメリカン航空とエティハド航空のロゴ

このプランを獲得するには、マリオットリワード250,000ポイント、つまりスターポイント83,334ポイントが必要になる。

  1. マリオットリワードを250,000ポイント貯める
  2. 獲得マイルは、アメリカン航空のアドバンテージを選択
  3. アドバンテージを使ってエティハド航空の特典航空券に交換
特典獲得方法
マリオットリワード必要ポイント数 250,000ポイント
獲得するマイル/獲得マイル数 アドバンテージ(アメリカン航空)/100,000マイル
特典航空券/必要マイル数 エティハド航空ビジネスクラスx1人分/100,000マイル

マイルはアメリカン航空のアドバンテージを選択。

アドバンテージは日本から中東路線の特典航空券に交換する場合の必要マイルが少なく、片道ならエコノミークラス22,500マイル、ビジネスクラス40,000マイル、ファーストクラス50,000マイルで交換できる。

アメリカン航空は、中東の航空会社ではエティハド航空とカタール航空の2社とマイレージ相互提携をしている。(カタール航空は現在日本路線にファーストクラスを運航していないので、今回はより豪華なエティハド航空のプランを紹介。)

アドバンテージによる、日本から中東行きの特典航空券マイルレート

関連記事:アメリカン航空のマイル「アドバンテージ」のお得な使い方

ファーストクラスは往復で10,000マイル。そのためには、マリオットリワード250,000ポイント、つまりスターポイントを83,334ポイント貯めなければいけない。

ホテル+エアマイル・パッケージレート

スターポイントの50%セールの時に購入すればおよそ1,450ドル≒16万円、30%セールでも22万円でファーストクラスの豪華旅行を実現できる。

さらに、SPGアメックスを利用して日常生活でポイントを貯めれば実質さらなるコストダウンができる。

あとがき:マイルは改悪がつきもの。特典交換はお早めに。

お得なマイルはいつか改悪される。

今回紹介したアラスカ航空もアメリカン航空も過去にエミレーツ航空の特典航空券の交換レートを改悪した悪しき前例がある。

「いつかこの特典を使えたらいいなぁ」と思っていたらいつの間にか改悪されてしまうこともあるだろう。

スターポイントは年間30,000ポイントまでしか購入できないジレンマはあるが、早く特典に交換できるようにポイントを貯めてほしい。

思い立ったが吉日。特典交換はお早めに。

【PR】30社以上の航空会社のマイルに交換できるマイル系最強クレジットカード 12,500マイル相当のポイントが貯まる入会キャンペーン実施中

474

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!