クレジットカードの達人 >> 学生カード >> JALマイルが貯まる学生向けカードを徹底調査&比較

JALマイルが貯まる学生向けカードを徹底調査&比較

更新年月日:2013年11月25日

JALマイルが貯まる学生向けカードを徹底調査&比較

帰省や旅行の時に利用する飛行機を、もっと安く利用したいと思うのは、学生なら切実な問題だろう。JALが提供する学生専用カードは、JALのマイレージが稼げるプログラムが満載。さらに、優待特典が目白押しだから、航空券で浮いたお金でサービスを利用するのも良い。フライトが楽しくなること間違いナシのカードを紹介しよう。

学生にも飛行機が身近になれるマイレージ

JAL(日本航空)学生で飛行機の利用というと、交通費が割高になるため、ちょっと縁遠いというイメージがあるかもしれない。しかし、お金のない学生でも、持て余す時間を利用して、国内にとどまらず海外旅行にも行っておきたいと思う人が多いはずだ。

そんな時に力になってくれるのが、他でもない航空会社のマイレージ

マイレージを賢く利用すれば、単に現金で支払うよりも大幅に安く航空券を手に入れることができるようになるため、諦めていた飛行機旅行もグンと身近になる。

もちろん、帰省などの際に、ふだんから飛行機を利用しているなら、マイレージを活用してビジネスクラスへのアップグレードも可能。

学生だからこそ使える特典を利用して、賢くお得なフライトを楽しもう。

JALマイレージを貯めるならJALカードnaviがお得!

JALの学生専用クレジットカードと言えば、18歳以上30歳未満の学生(高校生除く)を対象に、年会費無料で入会できるJALカードnavi

JALのマイルを稼ぐには、他社との提携カードを利用する方法もあるが、場合によってはマイルの移行手数料が高くついて、思っていた以上に目減りしてしまう可能性もあるため、直接マイルを貯められるJALカードを利用する方がおすすめだ。

「JALカードnavi」は、一般カードに比べてマイルがたくさん貯まるプログラムが数多く用意されているため、マイルを貯めたい学生なら、ぜひとも1枚持っておきたい。

オリジナルのボーナスマイルで一気に稼ごう

「JALカードnavi」のすごいところは、何と言ってもオリジナルのボーナスマイルだろう。

一般カードでは設定されていないものなので、これを知らずに学生を過ごした社会人にとっては、かなり悔しいかもしれない。ちなみに、現在、設定されているオリジナルのボーナスマイルは以下の6つとなっている。

  • 1.飛ぶほどボーナスマイル:年間のJALのフライト実績に応じて最大2,000マイル
  • 2.貯めるほどボーナスマイル:年間のフライトやショッピングでの獲得マイル数に応じて最大300マイル
  • 3.海外旅行ボーナスマイル:JALの国際線に登場すれば、片道300マイル(JMBマイル対象運賃の場合に限る)
  • 4.語学検定ボーナスマイル:JALカードが指定する語学検定に合格すると500マイル(英検1級/準1級、外国語検定(イタリア語・スペイン語・中国語・ドイツ語・ハングル語・フランス語・ロシア語)、TOEIC600点以上など)
  • 5.携帯料金支払いボーナス:2014年3月31日までにドコモ、ソフトバンクモバイル、KDDI、イーアクセス、ウィルコムの携帯電話料金を支払えば200マイル
  • 6.JALカード継続ボーナス:卒業時にJAL普通カードに切り替えると2,000マイル

いずれも、学生にとってチャレンジできるものばかりなので、貯めるマイル数を目標に掲げて稼ぐのも良いだろう。

学生限定だから使わなきゃ損!あらゆる割引・優待特典

マイレージの他にも、「JALカードnavi」に付帯している割引・優待特典は数多い

例えば、通常年会費が3,000円(税別)かかるJALカードショッピングマイル・プレミアムに、無料で登録でき、通常は200円=1マイルのところ100円=1マイル(特約店では2倍の100円=2マイル)で貯めることができるようになる。

また、年会費2,000円(税別)のJALカードツアープレミアムにも無料で入会でき、JALグループ便に割引運賃で搭乗しても区間マイルの100%が貯まるようになる。

さらに、利用当日に国内線の空席がある場合に、最大51%の価格で航空券を購入できるスカイメイトサービスが利用できる。(22歳未満対象)

これだけの割引や特典が揃っているのだから、既に社会人になってしまった人たちが羨ましがるはずだ。学生の間に思う存分利用して、後悔しないフライトにしよう。

ブランドで選ぶならJCBがおすすめ

JALカード navi(JCB)「JALカードnavi」は、VISA、Master、JCBの3つの国際ブランドから選べるようになっているが、どのブランドを選べば良いか迷うところ。

機能面でクレ達がおすすめしたいのは、JCBブランドのJALカードnaviだ。

何れのブランドもプリペイド式電マネーのWAONが使えるが、まだまだ使えないお店が多いのが現状。JCBブランドなら、WAONに比べてコンビニやスーパーなど圧倒的な加盟店数を誇るQUICPayも利用できるようになるため、電子マネーを活用してマイルの取り逃しを防げるだろう。

また、いろいろな土地で利用したいという場合には、カードが使えるお店が多い方が良いため、国内外で加盟店が一番多いVISAブランドのJALカードnaviに入会しよう。

お得なクレジットカードはこれだ!

おすすめ JALカード navi(JCB)

JALカード navi(JCB)
  • 6種類ものオリジナル・ボーナスマイル
  • スカイメイトサービスなどに無料で加入できる
  • JCBなら加盟店が多いQUICPayが利用可能

学生のうちにJALのマイルを貯めるなら、JALカードnaviのJCBブランドが最もおすすめ。6種類ものオリジナル・ボーナスマイルを活用すれば、簡単にマイルを稼ぐことができ、通常カードなら年会費がかかるサービスに無料で加入することができる。また、JCBブランドなら、国内の加盟店舗数が多い電子マネーQUICPayを利用できるため、マイルの取り逃しを防げる。

カードの詳細お申し込み

JALカード navi(VISA/Master)

JALカード navi(VISA/Master)
  • 6種類ものオリジナル・ボーナスマイル
  • スカイメイトサービスなどに無料で加入できる
  • 海外の加盟店が多いブランドを選ぶならVISA/Master

基本的な機能は、JCBブランドのJALカードnaviと変わりはない。もし、留学などで海外へ長期滞在の予定があるなら、世界中で最も加盟店数が多いVISAやMasterのブランドを選んでおくと安心できる。学生の間に、数回海外へ旅行へ行く予定のある人にもおすすめのカードだ。

カードの詳細お申し込み

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!