クレジットカードの達人 >> 法人カード >> 法人カードでできる賢い経費節約術

法人カードでできる賢い経費節約術

更新年月日:2014年02月23日

法人カードでできる賢い経費節約術

法人カードを導入するからには、確実に経費の節約に役立てたい。カードの特典の中には、ただ経費の支払いに利用するだけで得をするものもあるが、もっと効率良く効果的に還元を受けられるよう、賢く使いこなそう。日々の業務の中で予想される各シーンに合わせて使える節約術をピックアップしたので、ぜひ覚えて法人カードを最大限に活用してほしい。

節約術1:クルマや飛行機で!交通費の節約

【PR】選ぶなら世界ナンバーワンのVISAカード もれなく最大10,000円分ギフトカードプレゼント

事業の内容によっては、経費の中でも大きな割合を占める「交通費」

営業や配達などでクルマ、バイクを利用している場合は、ガソリン代の高騰に頭を抱えている人も多いだろう。また、度重なる出張で飛行機代がバカにならなず、エコノミークラスで節約を頑張っているという人もいるはずだ。

これらの交通費を浮かせるために、大きな力となってくれるのが、法人カードの特典である。

ガソリン元売系会社、航空会社…目的に応じたカード会社で大きく割引

例えば、ガソリン代を中心にコストを下げたいなら、ガソリンの元売系会社が発行するカードがおすすめ。「ガソリン代が1Lあたり○円引きになる」あるいは「ガソリン代の利用額に応じて毎月キャッシュバックされる」など確実に値引きを受けられる。

また、飛行機で得するなら、航空会社発行のカードあるいは航空会社提携カードが頼りになる。フライトの度に貯まるマイルに加え、ボーナスマイルなども加算され、すぐに稼ぐことができる。貯まったマイルを使えば、往復の航空券が無料になるかも。

目的に応じて、得意とする会社が発行する法人カードを選べば、一般のものに比べて大きく得をすることができるだろう。

節約術2:宿泊や空港ラウンジの利用に!出張費の節約

国内外に向けて頻繁に出張が多いビジネスマンの場合、交通費は当然のことながら、宿泊費などの「出張費」がかさんでしまうのが悩みどころ。

どうしても出費が多くなる出張時にも、法人カードの特典が節約に非常に役立つのをご存知だろうか。具体的にどんな特典が出張で使えるのかをみていこう。

ホテルや空港はもちろん旅行保険もカバー!

数日にわたって出張をしなければならない時、できるだけ宿泊料を節約したいのは当然。法人カードには、提携の宿泊施設で宿泊料が割引になったり、ウェルカムドリンクのサービスや各種お土産の割引が受けられる特典を備えているものがある。

特に、ゴールドカードクラスのものを選べば、国内主要空港ラウンジの利用が無料になったり、世界600ヶ所にも及ぶ空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」が付帯していたりと、見逃せない特典も。空港ラウンジが無料で使えれば、フライトを待つ間にも充実した時間が過ごせる。

さらに、出張中の事故やトラブルに欠かせないのが、「旅行保険」。通常は、旅行会社等で加入しなければならないが、法人カードに旅行保険が付帯していれば手続きも追加料金の支払いも不要。出張が月に何度もあるなら、必ずチェックしておきたいポイントだ。

節約術3:レストランやゴルフ場も!交際費の節約

意外と出費の多いのが、会食やゴルフと言った付き合いや接待に関わる「交際費」だ。

しかし、この交際費を経費節約のために削ってしまうと、相手先との密接な関わりが薄れ、悪い結果をもたらしてしまう可能性もある。そのため、交際費がかかっても接待などは止められない…という人も多いのではないだろうか。

交際費を抑えたい時に使えるのが、法人カードの特典である。では、どのような特典が法人カードに備わっているのか、代表的な例を挙げながら見ていこう。

接待の支払いはスマートに済ませるのが得策!

例えば、国際ブランドの代表であるVisaが提供する「Visaビジネスオファー」では、全国の提携レストランが割引価格で予約ができる他、ゴルフ場の予約時のポイント付与、来客の送迎で使えるハイヤーの特別割引など、多彩な特典が満載。

また、三井住友やJCBの法人向けサービスには、会員のサインさえあれば誰でも利用できる「タクシーチケット」があり、急な来客時にも簡単におもてなしをすることができ、自動的に経費として落とせるため無駄がない。

接待の時は、支払いは慌てずにスマートに済ませるのが一番!「備えあれば憂いなし」の特典となるだろう。

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!