クレジットカードの達人 >> マイレージカード >> S7航空でマイレージが貯まるおすすめカードを徹底調査&解説

S7航空でマイルが貯まるカードを徹底解説

更新年月日:2013年11月12日

S7航空

モスクワを拠点に、ロシア国内の多くの都市、およびヨーロッパに就航。成田空港もに乗り入れている。S7でマイルを貯めるなら、同社のS7 PriorityかJALマイレージに入会しよう。ロシア国内の各都市に頻繁に渡航するなら、前者がお得だ。日本国内の旅行や買い物でもお得にマイルを貯めるならJALマイレージだ。この記事では、各マイレージの特徴と、お得クレジットカードを紹介していく。

航空会社の基本情報

名称 S7航空
公式サイト http://www.s7.ru/
航空会社コード S7
国・地域 ロシア連邦
ハブ空港 ドモジェドヴォ空港、シェレメーチエヴォ国際空港
設立年月日 1992年5月
就航状況 日本国内線 ×
日本発着国際線
主な就航都市 【日本】成田【アジア】北京、香港、バンコク【ヨーロッパ】モスクワ、サンクトペテルブルグ、ウラジオストク、ハバロフスク、ヤクーツク、クラスノヤルスク、デュッセルドルフ、ミュンヘン、マドリード、バレンシア、キエフ、プラハ、ダブリン
マイレージ
プログラム
名称 S7 Priority
搭乗
マイレージ
積算率
ファースト 座席なし
ビジネス 200%
エコノミー 25%~100%
加盟アライアンス
航空連合
ワンワールドワンワールド
規模で第3位。世界156カ国、800以上の都市へ就航。南米、オセアニアの路線が非常に充実。
JAL/ANAマイレージ
との相互利用
  • ×
マイレージの購入 公式ページ参照
マイレージの譲渡 公式ページ参照
マイルが貯まる
クレジットカード
-

2013年11月12日時点の情報

  • ロシア国内や、モスクワ経由で欧州に渡航が多い人
  • S7 Priority、JALマイレージを貯めている人

ワンワールド加盟、ロシア国内と欧州各都市を多く結ぶエアライン

ワンワール S7航空は、元はシベリア航空という社名だったが、2005年から社名をS7航空と改め、尾翼のロゴマークも変更した。現在は、拠点をモスクワに移し、極東からのネットワークを充実させている。日本では成田に就航しており、成田-ウラジオストク間と成田-ハバロフスク間で週2便運行されている。

2010年にS7航空がワンワールドに正式加盟したため、既に加盟していた日本のJALのマイレージの間で互換性が生まれ、利用者はS7で獲得したフライトマイルをJALマイレージに貯めることができるようになった。

S7航空でフライトマイルをお得に貯めて、お得に利用するために

S7航空で獲得したマイルを無駄なく、有効に利用するためには、マイレージ選びが重要 だ。せっかくマイレージに入会して、マイルを貯めても、利用頻度が低く特典に交換できるまでたまらなければ意味がない。

  • S7航空の利用頻度が高い人はS7 Priority
  • S7航空の利用頻度がそれほど高くない人はJALマイレージ

S7のフライトマイルを有効利用するなら、このような軸でマイレージを選択するのがよい。その理由について、各マイレージの特徴、お得にマイルが貯まる提携カードを紹介しながら説明していこう。

会員ステータスをあげて、付加価値の高いフライトを満喫できるS7 プライオリティ

S7航空が運営しているマイレージプログラム「S7 Priority(S7 プライオリティ)」は、S7航空および提携エアラインに搭乗することで獲得できる。S7航空の場合、積算率はビジネスクラスで200%と比較的高めに設定されている。

またS7プライオリティには、4段階の会員ステータスが設定されている。クラシック、シルバー、ゴールド、プラチナの4つがそうだ。S7航空およびワンワールド加盟エアライン利用でステータスマイルがたまり、最高位のプラチナクラスではS7航空搭乗時に積算率75%のボーナスマイルが追加加算される。会員ステータスが上がるほど、S7プライオリティのマイルを量産できる

ただし、S7プライオリティ提携のカードは日本国内では発行されておらず、特別な理由でS7航空を頻繁に利用する人以外、日本人にとっては貯めやすいマイレージとは言えない。事項からは、普段の生活でもマイルが貯めやすいJALマイレージと、その上でお得にマイルが貯まるJALカードについて説明していこう。

国内の利用でお得にマイルが貯まる&利用できるJALマイレージ

JAL(日本航空) 2010年にS7航空が加盟した、世界的な航空連合、ワンワールドには日本を代表するエアライン、JAL(日本航空)も加盟している

同アライアンスに加盟しているエアラインのマイレージには、互換性がある。つまり、S7航空で獲得したフライトマイルはJALマイレージに貯めることができる。前述のとおり、S7航空をそれほど利用しない人は、JALマイレージにマイルを集約するほうが、マイルが分散することもなくおすすめだ。

JALマイレージでお得にマイルが貯まるカードが、国内で多く発行されている 。マイレージを貯める手段は、何も飛行機に乗ることがだけが全てではない。JALマイレージ提携のJALカードを利用すれば、カード決済に対してマイルが付与されるので、大きな買い物をしなくともマイルがコツコツ貯まるので、おすすめだ。

東急グループで2重取り、WAONはチャージでも利用でもマイルが貯まる

JALカード TOKYU POINT ClubQ(VISA/Master)JALカード TOKYU POINT ClubQ」は、東急グループでマイルが貯まる、PASMO、WAONのチャージでマイルが貯まる、お得なカードだ。

東急グループでカードを利用すると、TOKYUポイントとマイルが同時に貯まり、TOKYUポイントはマイルにさらに交換できる

2種類の電子マネーを搭載しているので便利で、WAON、PASMOの両方ともチャージでもマイルがたまり、WAONは利用でもマイルが貯まるのがポイント。

東急やPASMO、WAONを頻繁に利用する人ならすぐにマイルが貯まるだろう。

オートチャージ機能付きSuicaでチャージするとマイルが貯まるお得カード

JALカード Suica(JCB)JALカード Suica(JCB)」はSuicaチャージでマイルが貯まるので、Suica利用者に特におすすめしたいカードだ。

Suicaが利用できる店舗は拡大中だ。Felicaがあれば自宅のPCでチャージができる。急いでいるときにもスピーディーに支払いできるので、重宝できるだろう。モバイルSuicaの年会費も無料になるのでうれしい。

年会費、プレミアム入会も一切無料でも、マイルは貯まる学生限定カード

JALカード navi(JCB) 飛ぶほどボーナスマイル、ためるほどボーナスマイル、海外旅行ボーナスマイル、語学検定ボーナスマイル、携帯料金支払いボーナスマイル、卒業、継続ボーナスマイル、と学生限定の特典が満載のカード、それが「JALカード navi(JCB) 」だ。

在学中は年会費が無料で、通常3,000円(税別)のショッピングマイルプレミアム入会が無料、といいことづくしのカードだ。

お得なクレジットカードはこれだ!

おすすめ JALカード TOKYU POINT ClubQ(VISA/Master)

JALカード TOKYU POINT ClubQ(VISA/Master)
  • プレミアム入会で100円で1マイル、特約店は2マイル
  • TOKYUポイントは還元率が最大10%で100円で6マイル
  • チャージでマイルが貯まる、WAON、PASMO搭載

チャージでマイルが貯まるPASMOとWAONと搭載。東急グループでの利用で、TOKYUポイントとマイルが同時に貯まり、TOKYUポイントはマイルに交換できる。ポイントは東急百貨店での年間利用額で還元率が決まり、結果付与されるマイルも最大100円で6マイル付与。

カードの詳細お申し込み

JALカード Suica(JCB)

JALカード Suica(JCB)
  • オートチャージ機能付きSuicaはチャージでマイルが貯まる
  • モバイルSuicaの年会費が無料、Felicaで自宅チャージ可能
  • チケットレスで飛行機&電車の利用が可能

Suicaチャージ100円で1マイルが貯まる貴重なJALカードだ。Suicaはオートチャージ機能つきで便利。モバイルSuicaとJALタッチ&ゴーサービスを利用すれば、チケットなしで電車と飛行機が利用できる!

カードの詳細お申し込み

学生専用クレジットカード

おすすめ JALカード navi(JCB)

JALカード navi(JCB)
  • 入会後初搭乗、毎年初搭乗でボーナスマイル付与
  • 卒業後、普通カードへの切り替えで2,.000マイル付与
  • 携帯料金支払い、海外旅行、カード継続でボーナスマイル

普通カード以上にマイルが貯まる特典が多いのに、年会費無料、ショッピングマイルプレミアム入会無料と、学生限定ならではのお得が多いカードだ。スカイメイトの割引運賃でも積算率100%なので、ボーナスマイルとあわせてマイルが貯まりやすい。

カードの詳細お申し込み

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!