クレジットカードの達人 >> マイレージカード >> 複数の航空会社のマイルが貯められるカードを徹底調査&比較

複数の航空会社のマイルが貯まるカードを徹底解説

更新年月日:2015年07月17日

複数の航空会社のマイルが貯められるカードを徹底調査&比較

海外への渡航は多いが、その時々の都合やプランによって複数の航空会社でマイレージを利用したい、そんな人も少なくないはずだ。そんな場合は、貯めたポイントを複数の特定航空会社のマイルに移行できるカードを活用するのが便利だ。ここではフライトあるいはショッピングでマイルが貯まるお得なカードを紹介する。

プランによって柔軟に航空会社を選ふ人におすすすめのカード

ここで紹介したいアメックススカイトラベラーカードダイナーズクラブカードは、貯めたポイントを各プログラムに参加している世界の航空会社のマイルに移行することが可能だ。マイル移行に必要な期間にだけ注意すれば、非常に便利で有用なカードだ。このページでは、それぞれのカードの特徴について少し詳しく紹介していく。

提携航空会社の数は15社!柔軟性の高さが魅力のアメックススカイトラベラー

貯めたマイルはANA/JALを含む15社の航空会社のマイルに移行可能!

アメックススカイトラベラーの魅力は、その提携航空会社数の多さにある。ポイント移行可能な航空会社の数は15社にものぼる。

アジアでは、ANA、JAL(2014年1月迄)、タイ国際航空、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、チャイナエアライン、中国南方航空が参加している。他にもヨーロッパのフィンランドエアー、アリタリア-イタリア航空、スカンジナビア航空、ブリティッシュエアウェイズ、ヴァージンアトランティック航空、北米のデルタ航空、中東のエティハド航空と世界中の主要エアラインが参加している。貯めたポイントは世界中の航空会社のマイルに移行できる、という訳だ。

JALとANAのマイル移行については、それぞれ9,000円(税別)/年、5,000円(税別)/年がかかるので注意が必要だ。

提携している航空会社26社から直接チケット購入でポイント3〜5倍!

アメックススカイトラベラーのもう一つの魅力。それはチケット購入でポイントが3〜5倍も貯まるという点だ。下記の提携航空会社からそれぞれ直接チケットを購入する場合がその対象となる。また、下記対象航空会社から1年以内に直接チケットを購入すると、5,000〜10,000ボーナスマイルが貯まるのも魅力だ。

対象航空会社:アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、ANA(全日空)、エールフランス航空、エティハド航空、オーストリア航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、スターフライヤー、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、JAL(日本航空)、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空

その他にも、カード入会時に3,000〜5,000ポイント、継続時に1,000〜5,000ポイント貯まる

ポイントの貯めやすさと付帯サービスが魅力のダイナース

貯めたマイルは6社の航空会社のマイルに移行可能!

世界の主要航空会社6社の航空会社と提携しており、貯めたポイントはANA、大韓航空、ユナイテッド航空、アリタリア-イタリア航空、デルタ航空、アメリカン航空のマイルと交換が可能だ。1,000ポイントを1,000マイルに移行するにはダイナースグローバルマイレージへの参加が必要で、年間参加費として6,000円(税別)が必要だ。

加盟店で利用すると2〜5倍、ショッピングモールで2〜20倍も貯まる!

通常のカード利用で100円ごとに1ポイント貯まる。その他ダイナースクラブ加盟店で利用すると、通常の2〜5ポイントも貯まる。加盟店には「ファッション」「ショッピング」「ライフ」「BRANDS for FRIENDS」のカテゴリあり、バーバリーやニコラス・G・ハイエック センター、大和ハウスリフォーム、ミサワホームなど多様な店舗が加盟している。「BRANDS for FRIENDS」では登録会員のみ、人気ブランドの時限セールに参加することができる。1,800以上のブランドが扱う正規品が、レディス・メンズファッションからキッチン用品、ワイン&グルメまで幅広い商品が取り揃えられており人気だ。

またダイナースクラブショッピングモールでは最大20倍もポイントが貯まる。こちらも、「ファッション」「暮らしと生活」「美容・健康」「家電・パソコン」「グルメ・ギフト」など幅広いジャンルで250店舗が参加している。店舗によってはポイントが貯まるだけでなくキャッシュバックもありお得だ。

最高1億円の旅行保険と、世界中で400カ所以上のラウンジが無料

マイルを貯める・使う点からいうと少し話はそれるが、ダイナーズクラブカードの魅力はなんと言っても、その付帯サービスの充実度にある。世界中のレストランやホテルの優待サービス特典や、400箇所以上の空港ラウンジを無料で利用できる特典、さらに海外・国内旅行保険は補償額は最高1億円で、ショッピングリカバリーも年間500万円まで補償されている。

たくさんの航空会社のマイルが貯められるおすすめカードのまとめ

ここまで、貯めたマイルを柔軟に、かつ有効につかいたい人におすすめのカードとしてアメックススカイトラベラーカードと、ダイナースクラブカードの2枚を詳細とともに紹介してきた。

フライトを中心にマイルを有効活用するならスカイトラベラーカード

フライトでマイルを貯める・使うことに重点を置いている人にとっては、移行できる航空会社が多いスカイトラベラーがおすすめだろう。提携先の15社の顔ぶれを見れば、貯まったマイルで世界の主要都市のどこにでも行ける、そう思えるはずだ。それ以外にも、直接航空チケットを購入するとポイント3〜5倍、初フライトでのボーナスポイント、カード入会・継続でのボーナスポイントが付与されるのも魅力的だ。

年会費が割高になるが、クレ達は特にスカイトラベラー「プレミア」カードをおすすめする入会・継続・初搭乗ボーナスでの差は同じ条件の場合、普通のカードと比べると、11,000の差があるので、年会費の差は十分ペイできるはずだ。航空会社から直接チケットを購入して、5倍のポイント(100円につき5ポイント)獲得しよう。

効率的にポイントを貯める、渡航の価値をあげるならダイナースクラブカード

フライトだけでなく、日常の買い物でも効率的にポイントを獲得したい、そんな人にはダイナースクラブカードだ。提携航空会社は6社と、スカイトラベラーカードと比べると半分程度だが、加盟店やショッピングモールでは通常の2〜最大20倍もポイントが貯まる。よく利用する航空会社複数が提携先6社に含まれていて、かつ通常のショッピングで効率的にポイントを貯めたい人にはおすすめだ。

ダイナースクラブカードの付帯サービスの充実ぶりは既に紹介した通りだ。世界中のレストラン・ホテルの優待サービス、400箇所以上のラウンジの無料利用、最高1億円の旅行保険など、このカードがあれば安心・安全・快適な渡航になること間違いなしだ。

1社特定と複数社 航空会社提携カードはどちらがお得?

都合、プランに合わせてポイント移行先を選べる複数航空会社提携カードの魅力はこれまで見てきた通りだ。では、特定の航空会社と提携しているカードと、複数の航空会社と提携しているカードはどちらがお得なのだろうか。

条件にもよるが、特定の航空会社を頻繁に利用する場合、やはり航空会社が連携しているカードを持つほうがマイルを貯めるにしても、使うにしてもお得な場合が多い。フライトマイルの積算率や、カード利用ごとに付与されるマイルの還元率、各航空会社が提携している店舗で利用したときの還元率は高い場合が多い。

アメックススカイトラベラーカードや、ダイナースクラブカードがカバーしていない航空会社や、特定の航空会社利用でのマイル活用を考えるならば、各航空会社が提携して発行しているカードを検討してみてもよいだろう。

マイレージカードの達人では、各航空会社を利用する際にどのカードが最も有効に活用しているかを航空会社ごとに紹介しているので、是非そちらにも目を通してみてほしい。

お得なクレジットカードはこれだ!

おすすめ アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
  • 提携先航空会社15社へポイントのマイル移行が可能
  • 提携先航空会社26社からチケット直接購入でポイント3倍付与
  • 提携航空会社1年以内の初回直接購入で5,000ポイント

提携先航空会社の、ANA/JALからチケット直接購入するとポイントが3倍(100円で3ポイント)貯まる。しかも利用期限はナシ。他にも、カード入会・継続、初回フライトで「ドン」とポイントが貯まる。ポイントを様々な航空会社のマイルに移行したい、フライト中心にポイントをためたい人におすす。

カードの詳細お申し込み

おすすめ アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
  • 提携先航空会社15社へポイントのマイル移行が可能
  • 提携先航空会社26社からチケット直接購入でポイント5倍付与
  • 航空券初回購入で10,000、入会・継続で5,000ポイント付与

提携先航空会社の1つ、JALからチケット直接購入するとなんとポイントが5倍(100円で3ポイント)貯まる。しかも利用期限がない。他にも、カード入会・継続、初回フライトで「更にドン」とポイントが貯まる。ポイントを様々な航空会社のマイルに移行したい、フライト中心にポイントをためたい人におすすめ。普通カードよりも年会費が高いが、上記の魅力的な特典を考えれば、すぐに元は取れる。

カードの詳細お申し込み

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
  • 提携先航空会社6社へポイントのマイル移行が可能
  • 加盟店、オンラインショップで2〜最大20倍のポイントが貯まる
  • 旅行保険補償額が最高1億円、世界400カ所以上のラウンジが無料

貯めたポイントはANAはじめ世界の主要エアライン6社のマイレージに移行可能。スカイトラベラーカードと比べて、通常のショッピングでマイルを貯めやすい。世界中のレストランやホテルの優待サービス特典や、400箇所以上の空港ラウンジを無料、海外・国内旅行保険、ショッピングリカバリーの特典が魅力。ワンランク上の価値を求める人におすすめ。

471

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!