クレジットカードの達人 >> マイレージカード >> ANA >> ANA、株主優待利用でもSKIPサービスへ対応。空港でのチェックインがより簡易に!

公開年月日:2015年06月15日

ANA、株主優待利用でもSKIPサービスへ対応。空港でのチェックインがより簡易に!

  空港  

ANA(全日空)は、2015年上期に発行した株主優待券(有効期限2016年5月31日まで)から手続きの方法を変更すると発表した。株主優待券に「スクラッチ方式」が採用され、株主優待券の利用者も、カウンターで搭乗手続きせず保安場にすすめる=SKIPサービスが利用できる。

「スクラッチ方式」の仕組みは?事前にパスワード登録すればチェックインカウンターへの寄り道不要

「スクラッチ方式」とは、下の写真の銀で覆われた部分をコインで削るとパスワードが確認できる方式。「削る」ことを「スクラッチ」というので「スクラッチ方式」と呼ばれている。宝くじで見たことある人も多いはず。

  スクラッチ部分

削って出てきたパスワードを事前にウェブサイトに登録すると、チェックイン完了。カウンターに寄る必要がなくなる。

念のため事前登録のステップをもう少し確認してみよう。

  1. カードサイズの「株主優待番号ご案内書」が配布され、優待番号とパスワードを「スクラッチ」して確認する。
  2. ANAウェブサイトより登場したい便の空席紹介を行い、「株主優待(スクラッチあり)を利用する」を選択する。
  3.   ANAウェブサイト

  4. 購入後、購入手続きの画面からパスワードを入力する。

これだけでSKIPサービス準備完了。ANAカードやおサイフケータイがあれば直接保安検査場へ進めるようになる。

さらに、空港に株主優待券を持参しなくて良いので遠方の家族や友人のチケットを手配する時に、株主優待券を搭乗者に送る必要がなくなったのも隠れた利点だ。

そもそも株式優待券は誰でも簡単に手に入るのか?

  優待券

ANAの株主優待券は3月と9月の年2回配られ、ANAの株式を1,000株以上保有していることが条件で入手できる。ANAの株価が325円(2015年6月9日現在)なので、優待を受け取るための最低投資額は¥325,000ということになる。

「そんな金無いよ」と思ったあなた、安心してほしい。ANAの株主優待券は、実は金券ショップで簡単に手に入れることができる。1枚3,500円程度と値段も手頃なので、航空券を購入する際はぜひ手に入れてみてはいかがだろうか。

今回の仕様変更により、ますます空の旅が便利になったANA。これまで興味がなかった方も、これを機に株主優待券×ANAカードの組み合わせで、ぜひお得に旅行を楽しんでほしい。

ANAカードがあればさらにマイルが貯まってお得に

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) 最後に、ANA利用するなら是非ANAカードを。

ANAカードに入会すれば、ANA便に搭乗するたびに割り増しボーナスマイルがプレゼントされるのだ。

クレジットカードのグレードによって異なるが、区間マイレージなどに対して10%~50%分のボーナスマイルがもらえる。

  • ANAカードプレミアム:50%上乗せ
  • ゴールドカードクラス:25%上乗せ
  • 一般カードクラス:10%上乗せ

もしもまだ入会していないなら、ANAマイルが貯まる便利なカードを参考にお得なANAカードを選ぼう。

471

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!