クレジットカードの達人 >> クレジットカードを知る >> 審査に落ちる理由は何か?
注意!このページをお読みになる前に

現在、こちらのページは更新をしていないため、古い情報が含まれている恐れがあります。クレジットカード審査に関する最新の情報は下記リンク先をご覧ください。

審査に落ちる理由は何か?

更新年月日:2012年04月03日

こんなとき、カード審査に落ちるかも!?

審査の各項目は基準を満たしていたはずなのに、なぜか落ちてしまった…。こういう場合、もしかすると次のようなことが原因かもしれません。

記入漏れがあった

紙の申込書でもオンラインの申し込みフォームでも、「必須」と書かれている項目は埋めるようにしましょう。例えば、学生や専業主婦の人で収入がない場合でも、収入欄にはゼロを記入します。その項目欄に当てはまるような情報がなかったとしても、「必須項目を埋めているかどうか」自体が審査の対象になっているのです。

記入項目はとてもたくさんあるので、うっかり見落としてしまうことも多々あります。記入後は再度見直すようにしましょう。

申し込み内容に嘘や間違いがあった

例えば、他社からの借り入れ件数や金額を大幅に少なく記入しても、クレジットカード会社が信用情報機関へ問い合わせれば、すぐにウソがバレてしまいます。借り入れ金額が多少違う程度なら問題ありませんが、明らかに過少申告したと判断された場合、審査に通らない可能性があります。個人の信用を付与するクレジットカードの申し込みにおいて、ウソの申告はご法度です。

また、うっかり電話番号を書き間違えた、というのは致命的なミス。以下の項目でも紹介しますが、電話で連絡が取れるかどうかは審査に大きく影響します。記入間違いには十分注意してください。

カード会社からの電話に出られなかった

審査の過程では、連絡先として記入した自宅の電話や携帯電話へ、クレジットカード会社から電話がかかってくることがあります。自宅を不在にしていた場合、必ずしも留守番電話へメッセージを残してくれるわけではなく、数回かけて繋がらなかったらダメ、というカード会社もあります。これは携帯電話も同様。知らない番号からの着信を無視する人も多いですが、カードへ申し込んでから数日間は出てみた方が良いでしょう。

1社落ちても諦めないで

上記のようなことも思い当たらない人は、「審査項目と評価方法」の各ページを参照してみて、もう一度原因を洗い出してみましょう。それでもピンと来ない場合は、別のクレジットカードへ申し込んでみてください。同じ申し込み内容でも、審査に通る可能性は大いにあります。

なぜなら、カード会社によって審査の基準は異なるからです。審査項目はほぼ共通していますが、ここでご紹介できるのはあくまで一般的な評価方法。それらを各カード会社の基準で総合的・複合的に判断した場合、違う結果が出ることも十分あり得ます。1社に落ちただけでカードを作るのを諦める必要は、まったくありません。

クレ達おすすめランキング

圧倒的なステータス
最上級のゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスゴールド

AMEX
詳細を読む

いつでもポイント高還元
最強の学生&若者カード

JCBエクステージ

JCBエクステージ

JCB
詳細を読む

2倍3倍あたり前
ネット通販最強カード

VIASOカード

VIASOカード

Master
詳細を読む

電子マネーが搭載
ポイント高還元カード

JCB一般カード

JCB一般カード

JCB

誕生月にポイント5倍
絶対得する無料カード

ライフカード

ライフカード

VISA Master JCB
詳細を読む
クレジットカードの達人 最新ニュースはこちらでチェック
クレジットカードの使い方
特集・ピックアップ
クレ達特別インタビュー

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!