クレジットカードの達人 >> クレジットカード審査 >> 審査に通りやすい(甘い?)クレジットカードを徹底調査

審査に通りやすいクレジットカードを徹底調査

更新年月日:2017年08月24日

審査に通りやすいクレジットカードを徹底調査

「とにかくカードがほしい」、「審査に甘いカードがほしい」。そんな方々の切実な願いをかなえるために、クレ達だから知ることができるデータを交えながら審査に役立つ豆知識やおすすめカードを紹介。念願のクレジットカードを手に入れよう。

審査基準はカード発行会社とカードの種類によって異なる

審査基準はカード発行会社がぞれぞれ決めている。また、同じカード発行会社のクレジットカードでも審査基準は違うケースが多い。

つまり、審査基準はカード発行会社、さらにはカードの種類によって異なる。

ちまたでは「VISAブランドの審査は甘い」とか「アメックスの審査は厳しい」など、あたかも国際ブランドごとに審査の難易度が決まっているかのような発言を耳にするが、大きな間違い。

VISAやアメックスのロゴのついたカードは複数のカード発行会社が発行しており、それぞれ独自の基準で審査を行っている。このため審査の難易度は一概に語れるものではない(もちろん、それを分かった上でブランドごとの審査の傾向を述べているのあれば間違いではないが…)。

審査基準はカード発行会社とカードの種類によって異なる、この前提を頭に入れて読み進めて頂きたい。

グレードの低いカードに申し込むのが無難

同じカード発行会社のクレジットカードでも、一般カードに比べてゴールドカードやプラチナカードの方が審査基準が厳しく審査に通るのは難しい場合は多い。一方でアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードのように、審査通過率が一般カードとほとんど変わらないゴールドカードも流通しているため「ゴールドカードよりも一般カードの方が審査が甘い」と言い切れるものではない。

とはいえ、どのゴールドカードが審査が甘いのかは知る由もなく、とにかくクレジットカードを手に入れるなら、欲を出さずに最もグレードの低いクレジットカードに申し込むのが無難なのは間違いない。

入会資格に具体的な年収が記されたカードへの申込を避ける

三井住友トラストクラブが発行するダイナースクラブカードのように入会資格に「年収400万円以上」と具体的な年収が記されているクレジットカードは、誰かれ構わずばらまくタイプのカードでないので、審査通過率はそれなりに低い。審査基準はカード発行会社が独自に設定するものなので言い切れるものではないが、事実ダイナースクラブカードの審査通過率はカード業界全体の平均よりも低い。

したがって、とにかくクレジットカードがほしいなら入会資格に具体的な年収の書かれたカードへの申込は避けるべき

消費者金融が発行するACマスターカードはクレジットカード会社ほどクレヒスを重視しない

ACマスターカード 過去にクレジットカードを利用したことのない30代以上におすすめしたいのは、大手消費者金融のアコムが発行しているACマスターカード。

クレジットカード会社も消費者金融も「この人が入会しても大丈夫なのか?」という信用を審査する点では根本は同じである。しかし、その審査のプロセスは判断は似て非なるもの。

たとえば、クレジットカード会社では割賦販売法なのに対して、消費者金融であるアコムは貸金業法が適用されるため申込者がすでに年収の3分の1を超える借入がある場合はACマスターカードを発行できないなど、厳しい基準が課せられている。

一方で、クレジットカード会社では、カードの利用状況や返済状況=いわゆるクレジットカードヒストリー(クレヒス)が重視するが、ACマスターカードはクレヒスの有無に関して考慮されない。一般的に30、40代で一度もカードを持ったことがない=いわゆるスーパーホワイトと呼ばれるクレヒスのない方は審査に通りにくいと言われている。したがって、クレヒスのない30代以上の方におすすめしたい

高級ブランドアメックスの審査は独自色が強い

アメリカン・エキスプレス・カード 富裕層やアッパーミドル層を中心に人気の高い、アメリカン・エキスプレスの発行するクレジットカードは審査が厳しいイメージが持たれているが、実際の審査通過率は他社の平均と比べるとやや低いが、極端に厳しいと言えるほどの数値ではない(公表は控える)。

また、審査基準がかなりの独自路線のため「他のクレジットカードは落ちたけどアメックスは審査に通った」というケースはよくある。

他社の審査に落ちた人は、高級路線のイメージに怖気づくことなく挑戦する価値は十分にある

審査落ちは都市伝説レベルの楽天カードの審査通過率

楽天カード クレ達スタッフの周囲では、楽天カードの審査に落ちた人は一人もいない。

もはや楽天カード審査落ちは都市伝説レベルだが、実際に落ちた人はいるようだ。

独自調査によれば、楽天カードの審査通過率は80%以上。通過できなかった20%弱の申込者は、審査落ち、申込不備、重複申込、いたずらの何れかに該当する。

このうち、申込不備、重複申込、いたずらは少数らしいので、(この情報が正しければ)残念ながら審査落ちした人がいるのは否定できない。

当サイトで掲載しているクレジットカードの審査通過率は50%弱なので、楽天カードがどれほど審査に通りやすいカードなのかは言うまでもないが、だからこそ審査に落ちた人のことを考えると不憫でならない。

お得なクレジットカードはこれだ!

No1 ACマスターカード

ACマスターカード
  • 30歳以上でクレヒスがなくても入会できる確率大
  • カードショッピングに加えて、キャッシング機能も自動的に付帯
  • 消費者金融だとわからない安心かつスタイリッシュなデザイン

クレジットカード会社の審査に通らない30代以降のカード難民の救世主。特に、まだクレジットカードを一度も持ったことない人でもクレヒスの有無が全く考慮されないので、おすすめ。ポイントは付かないがしばらくACマスターカードを使い続ければ、クレヒスが積み上げられていくので他のカードの審査も通りやすくなるだろう。他のカードを持つためにも先ずはACマスターカードに申込んで、最低半年間使い続けよう。

カードの詳細お申し込み

No2 アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード
  • 審査基準が超独自路線
  • きめ細かいサービスや豪華特典に定評
  • ポイントの交換先が豊富で使い道に困らない

高級ブランドだから審査が厳しそうに見えるが、他社とは一線を画す超独自路線の審査基準。他社で落ちてもアメックスの審査を申込む価値はありそうだ。入会時困ったことがあればコールセンターが親身に相談してくれることもある神対応カードなので神にすがってみるのも良いだろう。

カードの詳細お申し込み

No3 VIASOカード

VIASOカード
  • 手軽に使える年会費永年無料カード
  • ネットショッピングはポイント最大20倍!
  • 貯めたポイントはオートキャッシュバックで楽チン還元

フリーター・アルバイトでも安定した収入がある人なら申込み可能なのを確認済み。利用用途がネットショッピングがメインなら間違いなく1番得するカードだろう。ネット通販ならVIASOカードで決まりだ!

カードの詳細お申し込み

471

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!