クレジットカードの達人 >> クレジットカードの基礎知識 >> 発行形態で選ぶ >> 提携カードの特徴・機能をわかりやすく解説

提携カードの特徴・機能をわかりやすく解説

更新年月日:2012年08月27日

提携カードの基礎知識

提携カードとは、クレジットカード会社が一般企業や団体などと提携して発行するクレジットカード。現在、発行されているクレジットカードの実に7割以上が提携カードだと言われています。

クレジットカードの歴史を見ると、提携カードの成り立ちは代行カードに遡ります。代行カードとは、企業がクレジットカード発行会社に審査から与信、発行、管理に至る、すべてのカード業務を委託して発行するカードのこと。しかし発行当時は、代行を委託した企業のグループ店舗でしか利用できないという声が多くありました。そうしった「もっと幅広く利用したい」という消費者のニーズに応える形で、様々な店舗で利用できる提携カードへと姿を変えたのです。

よく勘違いされがちなのがカードの管理に関すること。例えば「ENEOSでカードを作ったんだから、ENEOSから利用明細が届くんでしょ?」というのは間違いです。ガソリン給油時などにおトクなサービスを受けられるENEOSカード-Sは、ガソリンスタンド事業大手のJX日鉱日石エネルギー(株)が、カード発行会社のトヨタファイナンス(株)と提携しているクレジットカードです。この場合、カードの発行元はJXではなくトヨタファイナンスなので、明細はトヨタファイナンスから届くことになります。

クレジットカード会社が提携する企業は、百貨店やガソリンスタンド、航空会社、鉄道会社…と実に様々。クレジットカード会社のサービスはもちろん、提携企業独自のポイントシステムやサービスの恩恵も受けられる、いわば「二重にオイシイ」カードと言えます。

提携カードのメリットを詳しく紹介

全クレジットカードの7割以上を占めているというからには、それだけメリットを感じている利用者が多いということ。特に、クレジットカードを作る際にはプロパーカードやハウスカードと比較検討する人も多いので、特にそれらのカードとの比較という面から、提携カードのメリットについて説明していきましょう。

特定の店舗・施設でのサービスが手厚い

提携元が運営するグループの店舗・施設では、カード会員ならではの特典がついたり、割引サービス、ポイントが優遇されるなど、プロパーカードにはないメリットがあります。

提携元には航空会社や鉄道会社、ガソリンスタンド、百貨店などがあります。例えば飛行機をよく利用する人なら航空系クレジットカードを作れば、飛行機に乗るたびにポイントが付きます。また、よく車に乗る人なら、毎回の給油時に割引サービスがあるガソリンスタンド系クレジットカードを持っておくなど、自分のライフスタイルに合ったカードを作ることで、大きなおトク感が得られるのです。

その多くが年会費無料&ポイントの二重取りも

多くのカードでは、年会費を提携元が負担してくれるため、無料となっています。このあたりは、大きなサービスと引換に年会費が必要になるハウスカードとの違い。お金をかけず、サービスやポイントが受けられるなんて願ったり叶ったり!

また、提携カードでは2つ以上の会社が関わっているため、1回のカード利用で、クレジットカード会社からのポイントと提携元のポイントが貯まるなど、それぞれの会社が設定するサービスやポイントを別々に受けることができます。これはプロパーカードにもハウスカードにもない、大きなメリットと言えるでしょう。

クレ達おすすめランキング

圧倒的なステータス
最上級のゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスゴールド

AMEX
詳細を読む

いつでもポイント高還元
最強の学生&若者カード

JCBエクステージ

JCBエクステージ

JCB
詳細を読む

2倍3倍あたり前
ネット通販最強カード

VIASOカード

VIASOカード

Master
詳細を読む

電子マネーが搭載
ポイント高還元カード

JCB一般カード

JCB一般カード

JCB

誕生月にポイント5倍
絶対得する無料カード

ライフカード

ライフカード

VISA Master JCB
詳細を読む
クレジットカードの達人 最新ニュースはこちらでチェック
クレジットカードの使い方
特集・ピックアップ
クレ達特別インタビュー

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!