クレジットカードの達人 >> クレジットカードの基礎知識 >> ポイントの基礎 >> 貯めたポイントを電子マネーにチャージする

貯めたポイントを提携ポイントと交換する

更新年月日:2013年04月10日

ポイントは、電子マネーにチャージできる

ポイントの使い道として人気なのが、電子マネーへのチャージです。電子マネーを付帯できるクレジットカードの中には、そのシステムを利用してポイントを電子マネーへ移行できるものがあるのです。

そのメリットは、何と言っても電子マネーが目的を限定されないことでしょう。様々なショッピングやサービスの支払いができる電子マネーへの交換は、より自分に即したポイントの使い道とも言えます。ここでは、複数の電子マネーへ移行できるカードをご紹介しましょう。

三井住友VISAカード

三井住友VISAクラシックカード三井住友VISAカードのポイントプログラム「ワールドプレゼント」は、ポイントの移行先として最も多くの電子マネーに対応しています。

楽天Edy、nanaco、WAON、Suica、PiTaPaの5種類に対応しているポイントプログラムはここだけ。様々な電子マネーを駆使するユーザーにとっては見逃せないカードです。

ビューカード

「ビュー・スイカ」カードJR東日本系列のビューカードは、ポイントプログラム「ビューサンクスポイント」をそのままSuicaへチャージできるのが魅力です。

提携カードの中には、別の電子マネーへ移行できるものも。以下にその2種類をご紹介します。

イオンSuicaカード

イオンSuicaカードイオンクレジットのポイントプログラム「ときめきポイント」なら、どのカードでもWAONへのポイント交換が可能。

イオンSuicaカードは、WAONだけでなくSuicaへもチャージできます。

ポイントを電子マネーにチャージする方法

クレジットカード会社によって多少流れは異なるものの、大抵は各社のWebサイトから交換の申し込みをおこないます。この時に各電子マネーの会員番号が必要になります。交換申請からチャージまでの方法が電子マネーによって異なるので、それぞれ見ていくことにしましょう。

楽天Edy

楽天EdyまずEdyギフトという形で交換されます。Edyギフトの受け取り可能日から60日以内に受け取らないと無効になってしまうのでご注意ください。受け取りと同時にチャージされます。

Suica

SuicaSuicaポイントとして交換後、「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」と呼ばれるATMからチャージする必要があります。JR東日本の主要駅に設置されているほか、ビックカメラの一部の店内にも用意されています。

WAON

WAONWAONポイントとして交換されます。混同しやすいのですが、これはまだ電子マネーとして機能するWAONではありません。イオン系列店内に設置されている「WAONステーション」などからWAONポイントをダウンロードし、更にWAONへ交換する手続きを経てチャージが完了します。

nanaco

nanacoこちらもWAONと同様、最初はnanacoポイントとして移行されます。このnanacoポイントはセンターお預り分として反映され、セブン-イレブン系列のATMなどで残高確認をおこなうと、自動的にチャージされます。携帯アプリやホームページからの残高確認にはセンターお預り分が反映されないため、チャージできません。

PiTaPa

PiTaPaPiTaPaショップdeポイントとして移行されます。チャージとは少しニュアンスが異なり、PiTaPaショップdeポイント500ポイントごとに50円を当月の電車やバスの利用代金から自動的に引く仕組み。そのポイントに充当されるシステムです。

クレ達おすすめランキング

圧倒的なステータス
最上級のゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスゴールド

AMEX
詳細を読む

いつでもポイント高還元
最強の学生&若者カード

JCBエクステージ

JCBエクステージ

JCB
詳細を読む

2倍3倍あたり前
ネット通販最強カード

VIASOカード

VIASOカード

Master
詳細を読む

電子マネーが搭載
ポイント高還元カード

JCB一般カード

JCB一般カード

JCB

誕生月にポイント5倍
絶対得する無料カード

ライフカード

ライフカード

VISA Master JCB
詳細を読む
クレジットカードの達人 最新ニュースはこちらでチェック
クレジットカードの使い方
特集・ピックアップ
クレ達特別インタビュー

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!