クレジットカードの達人 >> ブログ >> 米女優が400万円以上の未払いでクレジットカード会社から訴えられた話。日本でも滞納すると訴えられるのか?

公開年月日:2016年03月15日

米女優が400万円以上の未払いでクレジットカード会社から訴えられた話。日本でも滞納すると訴えられるのか?

アメリカの女優のトリ・スペリングさんがカード代金の未払いでクレジットカード会社のアメリカンエキスプレスから訴えられたそうです。記事によると4人の子供を養うのにお金に困っていて、未払いの金額は400万円以上ものぼるそうです。

プロダクションを成功させた父のおかげで大変裕福な子供時代を過ごしたトリは、元祖『ビバヒル』で一躍人気者になった。私生活ではディーン・マクダーモットと結婚し4児の母となったが、ここしばらくはずいぶん金に困っているという。

引用元:元祖『ビバヒル』トリ・スペリング、カード会社に訴えられる 400万円超未払い

日本でもカード利用代金を払わないと訴えられるのか?

ここで気になるのは、彼女が訴えられてしまったことです。日本でもカードの利用代金を払わないと同じように訴えられてしまうのでしょうか?

カード会社の人に聞くところでは、日本もアメリカと同じように訴えられることがありますが、ほぼすべて段階を踏んで最終的に訴訟になるという流れです。まず、支払期日までに代金を支払えないと電話や手紙で督促されます。そこで、「〇〇までに払います」と約束して支払えばまったく問題ありません。

約束を守らず、無視し続けていると再度督促が届きます。それでも拒み続けると裁判所から支払督促申立書が届きます。これは法的書類なので今までの督促とは重みが違います。ここがいわゆるカード会社から「訴えられた」ことになります。滞納してから支払督促申立書が届くまでの期間はカード会社によって異なります。1年のところもあれば半年以内の会社もあるようでマチマチです。

訴えられても無視し続けたらどうなる?

一般的なケースでは、仮執行宣言申立書という書類が送られてきます。これは異議申し立てをしない限り近々強制執行という形が取られ、給料や預貯金などの財産が差し押さえられます。

使ったものはきちんと返すのがルール

以上が訴えられるまでの簡単な流れです。クレジットカードを利用した分はきんと返す。また、万が一返せなくなってしまっても計画を立てて真摯に対応すれば裁判沙汰になることはあまりありません。居留守したり無視したり連絡がつかない状態にすることだけは避けましょう。

クレジットカードの達人 クレジットカードブログ

ブログ関連記事

この記事を見た人はこちらも見ています

クレ達おすすめランキング

いつでもポイント高還元
最強の学生&若者カード

JCBエクステージ

JCBエクステージ

JCB
詳細を読む

いつでも1%還元
知名度・利便性抜群

三井住友VISAカード デビュープラス

三井住友デビュープラス

VISA Master
詳細を読む

旅行保険&割引特典付帯
使わなくても得するカード

エポスカード

エポスカード

VISA
詳細を読む

Suica利用者が得する
ポイント高還元カード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuica

VISA JCB
詳細を読む

2倍3倍あたり前
ネット通販最強カード

VIASOカード

VIASOカード

Master
詳細を読む
クレジットカードの達人 最新ニュースはこちらでチェック
クレジットカードの使い方
特集・ピックアップ
クレ達特別インタビュー

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!