クレジットカードの達人 >> ブログ >> LINEに買収されたWebPayがサービス終了。LINE Payへの一本化で金融分野の強化が狙いか

公開年月日:2016年12月16日

LINEに買収されたWebPayがサービス終了。LINE Payへの一本化で金融分野の強化が狙いか

緑の背景とスマートフォン

LINEは昨年買収した決済APIのWebPayの終了を発表しました。自社サービスのLINE Payに集中するためということですが、この分野は大手企業が続々と参入しており、色々な憶測が浮かんでしまいますね。

LINEはこのほど、Webサイトに組み込むクレジットカード決済API「WebPay」のサービスを来年5月末に終了すると発表した。昨年2月に買収したばかりだが、1年半余りで幕引きを決めた。「LINE Payにリソースを集中するため」としている。

引用元:LINE、決済API「WebPay」終了 昨年買収したばかりだが……「LINE Payに集中する」

買収されたサービスが終了してしまうことは珍しくない

その昔「Shake」というソフトを、Appleが買収しました(正確にはShakeの開発元であるNothing Real社を買収)。Shakeは実写とCGの合成などで利用するソフトで、同種のソフトとしてはAdobe After Effectsが有名。Shakeは直感的に操作できるということで評判も良かったのですが、Appleが手中に収めた何年か後に販売終了が発表されました。

最近ではTwitterが買収した「6秒動画」をネット上でシェアできるVineというサービスの終了が発表されました。Twitterの場合、身売りしたものの買い手がつかなかったなどというお寒いニュースも流れており、台所事情もあまり思わしく無さそうです。

このように買収されたサービスが、その後に終了したという事例は数多くあり、今回のWebPay終了の件も珍しいことではありません。

なぜいま決済サービスなのか

買収した翌年にWebPay終了というのは、少し早い気もしますが、まあ最初からサービスを終了させる計画であったのなら、早々に幕引きした方が合理的とも考えられます。WebPay側の心中とかは考えてしまいますが…

LINEによるWebPay買収が発表されたときから、ネット界隈ではLINE Payとサービスが重なるのではという声がありました。最近ではIT界の巨人Appleの決済サービスであるApple Payが日本上陸を果たしました。しかも日本だけはFelicaが使えるように特別仕様のiPhoneを用意するという力の入れようで、このサービスにかけるAppleの並々ならぬ意気込みが伝わってきます。

LINEにAppleと、なぜ大手企業が次々と決済サービスに参入しているのでしょうか。まあ単純に考えて、やはり直接お金を扱う分野というのは、利益が大きいのでしょうね。Appleは元々はパソコン販売から始まり、今でもiPhoneやApple Watchなどの機器を開発・販売していますが、オンラインで音楽、映画、アプリなども販売して莫大な利益を上げています。

企業として更なる成長を考えたときに、次の市場として金融系を選ぶのは必然と言えそうです。各社の覇権争いが激しい分野ですが、数年後には多くの会社が淘汰されていくのでしょうね。

クレジットカードの達人 クレジットカードブログ

ブログ関連記事

この記事を見た人はこちらも見ています

クレ達おすすめランキング

圧倒的なステータス
最上級のゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスゴールド

AMEX
詳細を読む

いつでもポイント高還元
最強の学生&若者カード

JCBエクステージ

JCBエクステージ

JCB
詳細を読む

2倍3倍あたり前
ネット通販最強カード

VIASOカード

VIASOカード

Master
詳細を読む

電子マネーが搭載
ポイント高還元カード

JCB一般カード

JCB一般カード

JCB

誕生月にポイント5倍
絶対得する無料カード

ライフカード

ライフカード

VISA Master JCB
詳細を読む
クレジットカードの達人 最新ニュースはこちらでチェック
クレジットカードの使い方
特集・ピックアップ
クレ達特別インタビュー

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!