クレジットカードの達人 >> クレジットカードの基礎知識 >> トラブル関連 >> 支払が遅れた場合の対処法

支払が遅れた場合の対処法

更新年月日:2012年07月07日

口座から引き落とせなかった

クレジットカードを利用すると、カード会社から利用明細が届きます。明細書には「◯日に●万円引き落とします」と記されているので、引き落とし日までに指定の口座にお金を入れておかなければなりません。これが正しい利用の仕方です。

「手持ちがなくてお金を入れられなかった」「うっかり忘れていた」などの理由で、指定日に引き落とせないというトラブルが起こりがちです。特に後者は非常に多いケース。クレジットカード会社からすれば、理由はどうあれ支払いの遅延という事実に変わりはありません。「忘れていたんだから仕方がないだろう」と言っても、当然ですがとり合ってはくれません。

明細に目を通し、支払い日と金額をしっかり確認しておけば防げるトラブルですが、もしそうなってしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか?

支払い延滞してしまった場合の対処法

口座からの引き落としができなかった場合、カード会社から再引き落としの案内書が手元に届きます。もし、その案内書を紛失、またはチラシなどと一緒に捨ててしまったという場合でも、あらかじめ指定している連絡先に電話があるので、支払い日を過ぎていたことに気付けるようになっています。

指定日に引き落としができなかった場合、一般的には、その翌日に再引き落としを設定し、それでもダメな場合は2週間後くらいに再引き落としをおこなう会社が多いようです。また、口座の残高を確認次第、引き落とし手続きをおこなう会社もあります。会社によっては指定の口座に振り込むよう指示をされるケースもあります。

とはいえ、連絡を受けたらとにもかくにも、クレジットカード会社に連絡を。支払いが遅れたという事実は変えられませんが、「ちゃんとお支払いします」という誠意を見せることが、信頼関係につながります。

ちなみに、ブラックリストに載る基準は、各社でマチマチですが、数か月連続で支払いがない場合がほとんどです。1回、2回と単発の事由に関してはブラックリスト入り対象にはならないのでご安心ください。

支払いができない場合はどうする?

手持ちがなく、指定日に支払いができない場合は、まずはクレジットカード会社に連絡をしましょう。大抵、専門の相談員がいるので、素直に相談するのが吉。その後の返済方法などについて、アドバイスしてくれます。間違っても、他の金融機関からお金を借りて、それを返済に充てるということは考えないように。利息が雪だるま式に増えるだけで、解決策にはなりませんよ。

支払い延滞をしないために

支払日は毎月、決まった日に設定されています。その日までに口座にお金を入れておくということを習慣化するのが良いでしょう。昨今では、インターネットでアラート機能が付いたカレンダーもあるので、そうした便利なツールを活用することも、支払い日をしっかり守るための手段のひとつですよ。

クレ達おすすめランキング

いつでもポイント高還元
最強の学生&若者カード

JCBエクステージ

JCBエクステージ

JCB
詳細を読む

いつでも1%還元
知名度・利便性抜群

三井住友VISAカード デビュープラス

三井住友デビュープラス

VISA Master
詳細を読む

旅行保険&割引特典付帯
使わなくても得するカード

エポスカード

エポスカード

VISA
詳細を読む

Suica利用者が得する
ポイント高還元カード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuica

VISA JCB
詳細を読む

2倍3倍あたり前
ネット通販最強カード

VIASOカード

VIASOカード

Master
詳細を読む
クレジットカードの達人 最新ニュースはこちらでチェック
クレジットカードの使い方
特集・ピックアップ
クレ達特別インタビュー

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!