クレジットカードの達人 >> クレジットカード審査 >> 消費者金融系クレジットカードの特徴を徹底解説

消費者金融系クレジットカードの特徴を徹底解説

更新年月日:2013年08月08日

消費者金融系クレジットカードの特徴を徹底解説

クレジットカードにはそれぞれ色々な特徴やメリットがあるが、このページでは消費者金融が発行するクレジットカードをの特徴を紹介したい。消費者金融と聞くと悪いイメージを連想しがちだが、普通のクレジットカードにはないたくさんのメリット隠されている。入会する人もしない人もメリットと特徴を押さえておこう。

消費者金融系クレジットカードのラインナップ

大手では三菱UFJフィナンシャルグループのアコムがACマスターカードを発行している。

昔はアイフル、プロミスや武富士などもクレジットカードを発行していたが今では発行停止(もしくは倒産)している。従って、現在では消費者金融系クレジットカード=ACマスターカードのことを指す場合が多い。

カード会社とは審査のポイントが違う

カード会社も消費者金融も審査の目的は「きちんと返済してくれるかどうか」を確認することだが、審査で重視するポイントが違う。

何度もカード会社の審査に落ちた人でも消費者金融系カードの審査に通る確率は高いかもしれない。

消費者金融はクレヒスの有無を重視しない

カード会社の審査は、クレジットカードの利用状況、いわゆる「クレジットカードヒストリー」を重視している。これは「過去にトラブルなくクレジットカードを使っていたか」を確認するため、信用情報機関という過去の利用履歴やトラブルを確認できる公的機関のデータを確認しているのだ。

延滞などのトラブルがあった人は同じことを繰り返すのではないかと思われて、カード発行が難しくなる。また、30代(特に後半~40歳手前)以上でカード利用履歴がない人も「過去トラブルがあって偽名を使っているのではないか?」「怪しい」という理由からカード発行が難しいケースが多い。

逆に、消費者金融ではクレヒスの有無は重視しないので、今までカードを持ったことのない中年以降の人は、普通のクレジットカードでは審査に通りにくいのが、消費者金融のアコムではその点は重要ではない。

「キャッシングさせて大丈夫か」をチェックする

カード会社は審査で「カードを発行しても大丈夫か?」を確認しているが、消費者金融は「キャッシングさせて大丈夫か?」を確認している。

アコムの発行するACマスターカードはカードショッピング機能とキャッシング機能が一体になっていて、利用可能額もカードショッピング+キャッシングの合算で設定される。

アコム的には「クレジットカードを発行する」のではなく、キャッシングカードを発行して良いかという感覚で審査をしているのだ。

そのような理由からも、消費者金融にとってクレジットカードを持ったことがあるかは関心の低いことで気にしない。もちろん過去にトラブルがあった人はNGだが、持っていないからといってどうこう言われることはない。

はじめてカードを持つ30代後半以上にとって頼れる存在

クレヒスが無くてカード審査に通らない30代後半以上の人にとって、消費者金融系のカードは本当に貴重だ。

悪いことをしてないし収入もあるのに・・・という人はACマスターカードに入会しよう。

さらに、正しくカードを使ってクレヒスを積み上げていけば、他のクレジットカードの審査にも通るようになる。「アコムなんて嫌だよ・・・」と言わず、うまく利用してお得なカードライフを送ろうじゃないか。

クレ達的には、同じ理由で困っている人達が救われるように、カード会社がクレヒスをあまり重視しなくなるか、他の消費者金融もクレジットカードをどんどん発行してくれることを望んでいる。

お得なクレジットカードはこれだ!

おすすめ ACマスターカード

ACマスターカード
  • クレヒスの有無が審査に影響しない
  • 最短で申込当日にカード発行可能
  • アコムのマークが券面にないので世間体もバッチリ!

クレヒスの有無が審査にほとんど影響しない日本唯一のクレジットカード。30代後半以上でクレジットカードを持ったことのない人でカード会社の審査に落ちた人などは、ACマスターカードへの入会をおすすめしたい。

カードの詳細お申し込み

471

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!