クレジットカードの達人 >> クレジットカード審査 >> カード審査に通りやすくなるためのノウハウ&質問集

カード審査に通りやすくなるためのノウハウ&質問集

更新年月日:2013年07月30日

「クレジットカードを持ちたい」「審査に通りたい!」申込者にとって切実な願いだ。このページでは、カード会社に勤める専門家やクレ達スタッフのこれまでの経験をモトに、審査が通りやすくなるコツやノウハウ、素朴な疑問に対する回答をまとめてみた。これからクレジットカードを申込む人は是非参考にしてほしい。

インターネット経由の申込は審査に厳しいのか?

カード会社の店頭、路上の勧誘、ホームページ経由など、クレジットカードの申込方法は多様だ。以前、友人から「インターネットよりも店頭で申し込んだ方が審査が通りやすいんだよね?」と聞かれたクレ達スタッフがいる。クレ達的には初耳で驚いたのだが、カード会社の知り合いに確認したところやはり「そんなわけないだろ」とのこと。

カード会社は人柄や容姿で審査しているわけではない。決められた審査項目に従ってチェックしているだけなので、店頭だろうがインターネットだろうが審査の結果は変わらないとのこと。

ただし、路上で勧誘しているカードは顧客獲得に力を入れているカードの場合が多いので、一時的に審査のハードルを下げたり、カード利用限度額を低くして発行したりするそうで、審査が甘くなるケースもあるとか。このような理由から「路上や店頭の方が審査が甘い」「インターネットの方が審査が厳しい」という都市伝説が広まったのではないかと推測している。

結論、インターネットから申込んでも審査結果は変わらないので安心してクレ達から入会してほしい。

アメックス・ダイナースブランドは審査が厳しい?

国内では主にVISA、Master、JCB、アメックス、ダイナース、5種類の国際ブランドが発行されている。よく「アメックスとダイナースは審査が厳しい」という話を耳にするが、やはり実際のところアメックスとダイナースは審査が厳しいカードが多いようだ。

アメックス、ダイナースブランドが選べるクレジットカードは、年収などの審査の基準を厳しめに設定している場合が多いからだ。ほとんどのカードが年会費有料で誰でも入会できるカードという位置付けではないことが大きな理由だ。

やはり、確実にカードがほしいのならVISA、Masterブランドあたりがおすすめだ。

申込で嘘をついても大丈夫?

嘘は良くない。こんな綺麗事は置いといて、申込の時に嘘を記入したらバレるのだろうか?審査に影響するのだろうか?

これについては、どうやら「バレる嘘」と「バレない嘘」があるようだ。言いかえると「許される嘘」と「許されない嘘」がある。

例えば、昨年の年収が380万円だったのに「キリが良い」から350万円や400万円と書くことは問題ないようだ。逆に正確な金額を書く人はほとんどいないらしい。また、年収の真偽はカード会社も確認が取りにくいようで、たとえ記入した内容が嘘だとしても裏を取ることが難しいとのこと。

一方で「許されない嘘」の代表例が、勤務先、住所や電話番号。

勤務先については、ほとんどのカード会社が入会前に在籍確認という名目で勤務先に電話連絡をして確認している。嘘を書いても簡単にバレてしまう。派遣社員の人は派遣先ではなく派遣元の会社を書くように気をつけよう。悪気のない嘘でも、間違えてしまっては審査に通らない。

とにかく嘘をつくような人間にカード発行したくないのが、カード会社の本音のようだ。嘘は良くない、やめよう。

専業主婦や学生でも申し込めるか?

専業主婦、フリーター、学生など「収入がない」「低収入」と思われやすい職業、属性の人は審査が通りにくいと言われているが、実際はそうでもないみたいだ。最初は利用可能額を低めに設定される確率が高いが、カード発行される確率は高いようだ。申し込む前からあきらめないでチャレンジしてほしい。

専業主婦は「専業」なので収入はないが、デパートやスーパーで一家の日用品や食品を購入するのは主婦層が最も多いはずだ。従って、カード会社としてはたくさんカードを使ってくれそうな最高の顧客を見逃すわけがない。そして配偶者という後ろ盾もあるので、主婦こそ入会してほしいと考えているはずだ。事実、「専業主婦も申込可能」と宣伝されているカードも多いので安心しよう。

フリーターや学生も、カード会社にしてみれば、若ければ若いほど将来有望なお客様となるうるわけだ。こちらもあまり心配する必要がなさそうだ。何れも、申込の時に職業や年収は、嘘を付かず正直に記入しよう。

専業主婦でもクレジットカードが持てる方法を徹底調査
フリーター・アルバイトでも審査に通る方法&クレジットカードを徹底調査

468

今すぐ欲しい人必見!最短30分で作れるカード!